★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 27541090

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★日本は強靭で安寧な国になる! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だが,何が起ころうとも,強靭な指導者=安倍晋三が国家の総力を挙げて対処する!国民の暮らしも大丈夫!国会を空転させるだけの野党はバッラバラの烏合の衆.枝野の処理は公安がヤル.容赦するな. 飯山 一郎
祝 加計学園 獣医学部認可へ! 岩盤規制に穴があきました!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


第15回 飯能新緑ツーデーマーチ

1:亀さん:

2017/04/01 (Sat) 03:23:09

host:*.t-com.ne.jp
2017年5月27日、埼玉県飯能市でツーデーマーチが開催されます。そこで、同行者を募ると同時に、ツーデーマーチについての情報交換等の場として、本スレッドを立ち上げました。

集合時間・場所、その他については、ブログに書きましたので一読ください。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1361.html

また、飯能市役所の案内も参照にしてください。
http://www.walking.or.jp/tournament/0fab8a44d339ae40fe069079848330f2359824e2.pdf

参加を希望される方は、本スレッドに一言お願いいたします。では、皆様とお会いするのを楽しみにしております!


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
140:オガワ:

2017/09/08 (Fri) 20:04:44

host:*.home.ne.jp
>139 亀さん 

孫の誕生のお祝いをありがとうございます。

亀さんは、また私の暗闇に光を当ててくれました。

三木成夫先生のことを忘れているなんて情けないことです。
でも、エッセンスだけは記憶していたようです。

1983年刊の「胎児の世界ー人類の生命記憶」、93年の「内臓のはたらきと子どもの
こころ」、92年「海・呼吸・古代形象」と94年「現代思潮・三木成夫の世界」が書庫に
ありました。
83年は、我が家に初児がきてくれた年でした。

この頃、芸大出身の美術家の友人から、三木先生の授業が、いかに生き生きとして
心に沁み込み、熱狂的な聴講生が押し寄せていたかを聞いて、何ともうらやましくて
うらやましく思っていました。
94年に夫が急死して、家族の生活が一変し、この前後どころか、かなりの長期間の記憶が
意識の闇に葬られていました。

三木先生は、偉大な研究者ではありましたが、(4日発表が早ければ、ノーベル賞に値する
研究成果だったとか)、それ以上に、
「生物の発生から、植物、動物の進化、その上にヒトがいまある”すがたかたち”を
形成した」という人類の根源を、研究者ではない市井の人達が、そこに”遠いまなざし”を
むけることで、涙が溢れるほどの郷愁と喜びをもたらしてくれた!敬愛せる師であります。

個々人の存在が、宇宙ー地球ー植物ー動物ー「存在するありとあらゆるもの」を
内包し、繋がっているという事実と感覚に、大きく抱擁されたのでした。

☆この後、三木先生の本を再び読みながら、書きすすめたのですが、まるで、学生のレポートに
なってしまいました。先生へのオマージュです。
ここに載せるにはあまりにも自己満足なので、これで終わりにします。

☆けれども、先生の言霊学、ユングの”集合意識論”に繋がる示唆、何よりも
ゲーテの最晩年の”変容”――(死後に発表するように指示した「ファウスト」の終章)
――を強く意識されていた(――と私は思う)、三木先生の大きな世界ー思想は
今後につづく人に”栄養ー滋養”になると、今回、強く思いました。
それは、日本民族にも深く関わることです。

☆乳児の顔の縦横の長さを変えることで、菩薩の顔になるー
 この変容をめざせ!ということでしょうか。。



  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.