★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 37548479

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


第15回 飯能新緑ツーデーマーチ

1:亀さん:

2017/04/01 (Sat) 03:23:09

host:*.t-com.ne.jp
2017年5月27日、埼玉県飯能市でツーデーマーチが開催されます。そこで、同行者を募ると同時に、ツーデーマーチについての情報交換等の場として、本スレッドを立ち上げました。

集合時間・場所、その他については、ブログに書きましたので一読ください。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1361.html

また、飯能市役所の案内も参照にしてください。
http://www.walking.or.jp/tournament/0fab8a44d339ae40fe069079848330f2359824e2.pdf

参加を希望される方は、本スレッドに一言お願いいたします。では、皆様とお会いするのを楽しみにしております!


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
239:オガワ:

2017/12/14 (Thu) 02:33:27

host:*.home.ne.jp
「亀さんと愉快な仲間たち」

飯能・天覧山散策と忘年会の一日は、ここ6年間の原発事故に対する不安を和らげ、新しい年への希望を確かめる良き日になりました。

1960年代末から70年代にかけて、多くの友人知人たちが悪戦苦闘を楽しみながら、時代を語り自分を表現し、多岐にわたる文化的社会的状況を創出していたことを思い出します。

参加された方の生身の姿を感じることで、言葉と行動が実態をもって浮かびます。
私が思い浮かんだことを述べますが、他意はなく乱暴なスケッチと思ってください。

猿都瑠さん>
ロンパリの本家サルトルとは違って、頑強な足腰の上にある”少年の目”は、”視えないもの”までも写し撮るのですよね。
存在を嘔吐し、自由を求めての「アンガ―ジュマン(自己を社会へ投企する)」は、学生運動に影響を与えたが、”存在”そのものに、慈しみと愛おしさを感じる今の自分からは遠い。
ヨーロッパの知と日本的知の出自の違いかしら。
日本の猿都瑠さんがきっと見極めてくれると期待しています。

ちゃきさん>
女の子はわがままに生きてね。反動は大きいけど、次へのステップへの足がかり。
この時代に生まれた醍醐味は案外イケルかも。
わが家の娘と嫁!には箸の上げ下ろしまで気になる母から女たちへ贈りたい。

TonTonさん>
巫女の道に足を踏み入れた日本のお母さん。常人とは違った力でサポートしてください。
わが家の近くにある仏果山にも登ってね。山ガールは聖なる高みを目指す。

てくのぱぱさん>
再度申し上げます。安倍首相は好きでも嫌いでもありません。ウオッチングしてます。
この問い方は”♯me too”事案ですからNGです。
(追信 帰り道は大変でしたね。ともあれ怪我もなく帰宅されたので、奥さまはホッとなさったことでしょう。
オサケからの報復は一度や二度は経験します)

とびいり参加のSさん>
イエローストーンでお会いすれば、森林警備隊のカッコイイお兄さんです。
銃携帯してましたが、これは森の動物を守るため。昔、ツーショット撮りました。

高橋さん>
青森と聞くと、黒澤明監督の映画「乱」を思い出します。ロケ地は西日本の各地で、私が想起していた怖山などの東北ではないのですが。
”荒涼とした東北・青森”というイメージをなぜ持ってしまったのか私にとっての疑問。
今回「乱」を調べていくと、黒澤はこの最後の時代劇を「ライフワークであり、人類への遺産」と位置づけています。
「デルス・ウザーラ」で、ユーラシア大陸に生きる猟師の姿を描いた黒澤は、人類への遺産として、W・シェークスピアの「リア王」を下敷きに、戦国時代の武将の血族内での抗争を描いた。
(他の一族からきた女の本願が火を放ったが)。

黒澤の出自は、自伝によれば(未読だが)、安倍貞任の三男、黒澤尻三郎だと書かれているという。
安倍首相の出自(といわれている)東北の安倍一族に関しては、亀さんがブログで再三取り上げてくださっているので、そちらにあたって頂くとして、なんだか、吸い寄せられるように日本国の過去の事象と現在が繋がっていく。
この輻輳した地層に植えられた高橋さんのポジションの意味は大きいのではと思う。


mespesadoさん>
経済に疎い私にとって、mespesadoさんの「経済論」は、言葉の意味もその対象の輪郭も掴めず、実は困っていました。
その原因は、今だからいくらか分かるのですが、「お金」のことを話すのはハシタナイという家庭で育ち、かつ、動くものを捉えるのは苦手という私の癖かな
(フレミングの左手の法則が体感できなくて物理を放棄。数学だけでは宇宙は理解できないよね)

けれども、眼前で「妹(いも)の力」を語るmespesadoさんを見ている内に、柳田國男先生と重なってきました。
柳田も日本各地の習俗、祀り、伝承を一次資料として豊富に収集し、それを整理、分類、分析、解釈して、日本民族の有り様(思想、生活)を明らかにしました。
(丸メガネをつけた)mespesadoさんが、現在の日本人の生活動態の一次資料を収集して、その強靭な消化力で、我々の共通認識に至るまで噛み砕いてきださっている姿は、私にとって近しいものになりました。


歯科&音楽ウオッチャーさん>
さいごになりましたが、部屋の入り口に立たれた時から、放射状にオーラが輝いていました。

”音”は振動、波長でもあり、耳、目がなくとも生きている森羅万象に伝えられる。
そして、宇宙から発せられる”音”により、生物は生成される。生きる力を頂く。

この宇宙の謎を、≪日本人という人種が優れて内包している≫とのこと。その驚き。
この謎の解明にウォチャ―さんが必要とされている。同時にこのことが公になれば危険極まりない。
近年では、A・ケストラーやR・シュタイナーが不審死を遂げたように。

けれども、25時になれば、青白磁色の眼をもつ大天使に変容するから心配はしていない。

(追信 Beethovenのチェロソナタ第1,2,4,5番。カザルス&ホルショフスキー。39年、36年演奏)を聴いています。
 エッ!と驚き、作曲家を確かめました)


* 家紋があるように、個の紋があるのではと今回の集まりで思いました。
  人類、国家の一員ではあるが、個として手を携えて歩んでいく。
  個の紋ー個紋。やはり魂のことかな。
  
亀さん ありがとうございました。 








  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.