★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 33718339

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


第15回 飯能新緑ツーデーマーチ

1:亀さん:

2017/04/01 (Sat) 03:23:09

host:*.t-com.ne.jp
2017年5月27日、埼玉県飯能市でツーデーマーチが開催されます。そこで、同行者を募ると同時に、ツーデーマーチについての情報交換等の場として、本スレッドを立ち上げました。

集合時間・場所、その他については、ブログに書きましたので一読ください。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1361.html

また、飯能市役所の案内も参照にしてください。
http://www.walking.or.jp/tournament/0fab8a44d339ae40fe069079848330f2359824e2.pdf

参加を希望される方は、本スレッドに一言お願いいたします。では、皆様とお会いするのを楽しみにしております!


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
344:亀さん :

2018/08/02 (Thu) 06:03:45

host:*.net.ar
ブエノスアイレス滞在記 03

現在、お世話になっている友人宅では、英語が堪能な友人シルビアとは英語で、彼女の夫や子供たちとはスペイン語で会話をしている。と言っても亀さんのスペイン語はブロークンで、知っている単語を並べて辛うじて意思疎通をはかっているに過ぎない。こんな時に役立っているのが、グーグルの翻訳機能。グーグル翻訳のページで片側に言いたい日本語を入力し、「スペイン語に翻訳」のボタンを押すと、自動的にスペイン語に翻訳してくれるスグレもの。だから、親友の夫が仕事から戻ってくると、互いにマテを飲み交わしながらアレコレ語り合っているのだが、そうした場合に実に役に立つ。

たとえば、以下のように…
https://translate.google.co.jp/#ja/es/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E5%A8%98%E3%81%AF%E3%80%81%E4%B8%80%E6%97%A5%E4%BA%8C%E5%8D%81%E6%99%82%E9%96%93%E5%AF%9D%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AD%E3%80%82

ここで、>>338のままりんさんのAIに関する問い合わせ…

上記に書いたように、様々なトピックスについてグーグル翻訳機能を用いて、小生の日本語をスペイン語に自動翻訳しているのだが、ほとんどが酷いスペイン語のオンパレードだとのこと。また、親友の夫オスカーがスペイン語を打ち込んで、日本語に自動翻訳してくれた場合の日本語も、意味を汲み取るのに一苦労といったことしばしば。だから、当面はAIに仕事を取られるという心配はせずに済むと思った次第である。

さて、親友のシルビアとは英語で会話をしている。ここ十日間にわたって、大方互いの近状や過去46年にわたる報告は終えたので、あとは残り三週間をかけ、日本史、カトリックvs.神道・仏教(一神教vs>多神教)、互いの人生観、日本とアルゼンチンを含めた世界の政治・経済、健康と乳酸菌といったテーマで、徹底的に語り合っていく予定だ。

ここで、親友シルビアの日本での体験について少しふれておこう。確かメスさんだったと記憶しているが、本スレでフクイチ原発事故の時、救援活動を展開したトモダチ作戦のアメリカ兵、日本人の物の見方・考え方に感化されたといったことを書いていたし、昨日も本スレで堺のおっさんが中国では乳酸菌の培養に成功しないという話と絡めて、日本語を母語としていない人たちには、微妙な日本語が伝わらないといったことを書いていたのを思い出す。

それはともかく、トモダチ作戦に駆り出された米兵も次第に日本人の物の見方・考え方に感化されるようになったという記述にあるとおり、親友のシルビアも今ではすっかり日本と日本人に対して、好感を抱いているのがわかる。結局、彼女の場合、日本語の習得は片言で終わったのにもかかわらずである.ましてや、日本語を母語としない人たちの場合も、日本に定着した後、次第に日本的な物の見方・考え方に変わっていき、二世・三世ともなれば、すっかり日本化している。

そうした日本人の物の見方・考え方を基底で支配しているものこそ、日本語に他ならないと思う。このあたりは拙稿「日本語は生き残れるか」で紹介した、『コトバの原典』に詳しい。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1296.html



亀さん@人生は冥途まての暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.