★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 27523324

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★日本は強靭で安寧な国になる! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だが,何が起ころうとも,強靭な指導者=安倍晋三が国家の総力を挙げて対処する!国民の暮らしも大丈夫!国会を空転させるだけの野党はバッラバラの烏合の衆.枝野の処理は公安がヤル.容赦するな. 飯山 一郎
祝 加計学園 獣医学部認可へ! 岩盤規制に穴があきました!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


吠えるE爺と 燃える同志たちの闘議場 -26-

1:飯山一郎 :

2017/05/19 (Fri) 00:22:05

host:*.ocn.ne.jp
前スレでは安倍晋三が日本の政治と外交を大変革させた経緯を議論しまくった.しかし「森友」で集団発狂した講演屋を筆頭に,識者の大半は日本国の構造変容と,そのダイナミズムをホとんど認識できぬまま.斯様な放射性ルサンチマンはホっとけ!と,当スレでは更に世界の深層を探り,真相を見透かすスレにしたい.ホは通奏低音.(管理人)
544:堺のおっさん :

2017/06/04 (Sun) 21:23:26

host:*.ocn.ne.jp
ゴキブリ体操は、血流の改善にとても良い。

血流が良くなると、体調不良など本当に吹っ飛んでいく。


さて、因果という言葉がある。

原因と結果を総括的に表現する言葉。

実は、1週間ほど前から4年ぶりに痛風の前兆が現れた。

足がむくみ、左足の甲が痛み始めた。畑で草取りの座りっぱなしが響いた。

そこで、試しにゴキブリ体操を5回ほどに分けて15分ほどやってみた。

足がポカポカと暖かくなり、動かすと痛む甲から痛みが消えた。アラ不思議!


痛風の原因は尿酸値が高いためというのが医者の見立て。

フェブリクという尿酸値をおさえる薬を渡され、「一生飲みましょう」と。

尿酸値が高くても、痛風が起こらない人もいる。それはやはり血流と

関係が深く、尿酸が生み出す痛みの成分を手足など末端に溜めこまないからだろう。

そうすると、痛風の原因は高めの尿酸値ではなく、血流不良によるむくみで

原因物質がたまっていくことだろう。

要は原因物質を排泄できれば痛風は起こらない。


日本が死に体まで弱ったのはネオコンの収奪が原因であって、安倍政権ではない。

当然処方箋も打倒安倍ではない。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.