★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28756689

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


吠えるE爺と 燃える同志たちの闘議場 -28-

1:飯山一郎 :

2017/09/05 (Tue) 16:48:40

host:*.dion.ne.jp
日本は,311以降5年余り続いた最悪の危機から脱した!人類史上未曽有の災厄に対して不作為・無為!何もせずに日本は助かったのだ.だが,過去6年間に吸い込んだホットパーティクル(核物質の超微粒子)による放射線障害のため,いま現在も深刻な多病多死社会のままだ.このことを念頭に,この先,いったい我々は如何に生き抜いていくのがベストなのか?議論を深めて頂きたい.(飯山一郎)
711:堺のおっさん :

2017/09/23 (Sat) 06:34:55

host:*.ocn.ne.jp
孫子の兵法の要諦は…

敵を知り己を知れば、百戦危うからず。

これに尽きると思います。

いろんなシナリオを想定するのは当然対処法を練るためであって、

まだ政治の素人が思いつかないようなシナリオに対しても対抗策を用意しておく。

まさかのシナリオも想定し、対策を練る。


今回、毒婦小池が乾坤一擲の勝負を仕掛けた場合…都知事も捨て日本のため働くと

確かに自民は大幅に議席を減らす可能性がある。特に都市部で。

具体的な数字は分らないが、それでも自公で過半数割れはない…

自民の「半」ネオコン派がこぞって離党しても過半数割れは起こさない…

なぜなら、候補者をあと2週間で200名近くそろえることは至難。

方法としては旧民主の落選議員をかき集める。が…ほとんど地元で賞味期限切れ。

最悪過半数割れを起こした場合、維新カードを切る。


反対に、大勝してしまった場合…安倍さんむしろあまり望んでいないかも。

緊張感をなくし、またぞろトンデモ議員が続出。政策論争などアサッテに。

両極端な想定への対策はすでに手の内にあるのだろう。

後は静かに相手の出方を待つだけである。


このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.