★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 33719408

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


吠えるE爺と 燃える同志たちの闘議場 -28-

1:飯山一郎 :

2017/09/05 (Tue) 16:48:40

host:*.dion.ne.jp
日本は,311以降5年余り続いた最悪の危機から脱した!人類史上未曽有の災厄に対して不作為・無為!何もせずに日本は助かったのだ.だが,過去6年間に吸い込んだホットパーティクル(核物質の超微粒子)による放射線障害のため,いま現在も深刻な多病多死社会のままだ.このことを念頭に,この先,いったい我々は如何に生き抜いていくのがベストなのか?議論を深めて頂きたい.(飯山一郎)
770:mespesado :

2017/09/24 (Sun) 09:41:33

host:*.itscom.jp
>>755
天然居士さん

 全体を俯瞰した上での、より根源的な問題点については飯山さんが >>758

詳述しておられるので、私は >>755 で指摘されている個別の問題について意見

を言わせていただきます。長文になりますが、ご容赦ください。


> 安倍首相が「売国奴」だという根拠は山ほどありますよ。
> 単純な話、世論の反対を押し切ってしゃにむに強行した集団安保の容認、安
> 保法制の強行採決です。
> 朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争で日本は、米国の参戦強要を憲法を盾に
> 拒否してきた。

 この最後の、朝鮮戦争やベトナム戦争や湾岸戦争で日本が米国の参戦強要を拒

否できた理由ですが、確かに「制度上の」根拠は日本の憲法9条でした。

 でも、あの「荒ぶれ者」のアメリカが、日本の憲法9条があるからという「制

度上の」理由だけで「ああそうですか」と簡単に引き下がったのだと思いますか?

 もし本気でそう思っているとしたら、ずいぶんとお花畑な考え方です。

 当時は資本主義圏と共産圏による冷戦の真っ只中でした。なので、資本主義陣

営の盟主だった米国は、共産主義が世界に蔓延しないための防波堤である日本を

あまりいじめると、(すぐ近くに共産圏のソ連や中国や北朝鮮がいますし、当時

は日本国内にも社会主義者は多数いましたし、実際社会党の議席数もそれなりに

いましたし、甚だしきは北朝鮮を「地上の楽園」と本気で信じる人たちもいまし

たから)日本が社会主義陣営に寝返ってしまうかも、という不安を絶えず抱えて

いました。

 こういう国際情勢の環境があったからこそ憲法9条が「葵の紋章」になりえた

のです。

 事実、日本の軍事方針に変化が現れたのは、湾岸戦争終了後の1991年のペ

ルシャ湾への海上自衛隊の掃海部隊(ペルシャ湾掃海派遣部隊)の派遣です。こ

れは自衛隊にとって初の海外実任務であり、時期的にはまさに東西冷戦の終了の

直後にあたっており、上記の「国際情勢の環境」の変化に呼応しています。つま

り、東西冷戦がなくなると、米国が日本を「一方的に」守ってあげる理由がなく

なってしまうので、「安保ただ乗り論」が首をもたげ、日本としても少しは「米

国を中心とした世界軍事戦略に協力しているふり」をしないと安保や「核の傘」

が機能しなくなるのではないか、という、今度は日本側の不安が生じることにな

ったのです。

 ここで日本の態度としては2つの行き方があります。

 その①は、「あくまでも米国による自衛隊の参加要請は拒否する」という方針

を貫くこと。その②は「米国の要請には基本的に従い、その範囲内でギリギリの

ところで自衛隊の戦闘行為への参加を避ける」こと。

 この内の①の方は、主として「経世会」的な、どちらかといえば「親中・親韓」

的な政権が採用した方法ですが、これは福田康夫政権のときが一番わかりやすか

ったことですが、米国もただ手をこまねいて見ているはずがありませんから、次

第に日本への圧力を強め、最後は首相退陣の憂き目を見る、つまり短命内閣にな

る、というのがお決まりのパターンです。これでは「一時的には」憲法9条の精

神は守れるものの、首相がコロコロ変わるため、国際的な信頼関係は全く構築で

きない状態が続くことになります。

 これに対し、②の方は、主として「清和会」的な、どちらかといえば「親米」

的な政権が採用した方法で、とにかくアメリカの「年次改革要望書」にはできる

限り従って、アメリカの機嫌を損ねないようにする。その方が権力の基盤が磐石

になり、長期政権が可能になるからです。

 さて、この②の系列は、実は更に2派に分かれます。その②-1は、小泉潤一

郎のような「ネオコン」派、そしてその②-2は、これがまさに安倍晋三のよう

な「改憲」派です。

 このうち②-1は、要するに己れが失脚しないために隷米を極めることを優先

し、グローバリズムで世界を染める方がいい(日本の独自性などどうなってもい

い)と考える人たちであり、結果はどうなったかというと、あまりのグローバリ

ズム、エゴの風潮の蔓延により、日本だけでなく本家のアメリカでさえ反感を持

たれ、その反動でついにはトランプのような人が大統領になったわけです。

 そして②-2は、あくまで「日本の独立」を最終目標に持ち、「押し付け憲法」

など廃止して、最初から自分たちで定めた憲法を持つことを狙うけれども、アメ

リカの怖さはよく知っているから、できる限り隷米の「ふり」をしてアメリカの

機嫌を損ねないようにしながら最終目標に向けて策を弄する、という人たちです。

 ですから、この「策を弄し」ている分だけ、その政治家の本心は他のカテゴリ

ーの人たちに比べて一番見えにくいわけです。

 ここで貴方の発言の引用に戻り、「集団安保の容認」や「安保法制の強行」で

すが、これこそまさにアメリカの要望を強行採決までして押し通したわけですか

らアメリカは文句の言いようがありません。しかし、安倍政権は日本と中国が不

仲であるという「外見」を武器に、逆にアメリカに「アメリカの方が逆に日本の

中国との戦争に巻き込まれるのではないか」と不安がらせることによって、アメ

リカの本来の目的であった「アメリカの金儲けのための戦争への参加」を牽制す

ることに成功しています(同様な策の弄し方は、TPP交渉でも遺憾なく発揮さ

れました)。

 とにかく、実際の国際政治において安倍政権がしてきたことをつぶさに見れば、

安倍政権が実にたくみに隷米を装いながら国益に適うようにそれを「改変」して

強かに政治を運営しているかがわかろうというものです。ですから


> 見苦しいまでの歴代米大統領へのへつらい、盲従。(オバマ大統領
> は安倍さん心根の卑しさを見抜き軽蔑していたようです)。


も単なるポーズであることは明らかです。

 さて、最後の


> 執念としか思えない憲法第九条の骨抜き工作。米国様のご命令に従
> うためでしょう。高額の兵器の購入等々、限りがありません。


については、全く逆です。GHQの利害により、日本を「完全武装解除」しよう

として作られた現憲法では、自衛隊についての根拠を持たないのですから、当然

その活動範囲が憲法違反かどうかなんていう概念自体が意味を持たないわけで、

それではどこまでもアメリカの言いなりになる危険があります。

 そこで、敢えて「加憲」によって自衛隊の存在と目的を明記すれば、そのよう

な「なし崩し」を防ぐことが「日本側の意思によって可能になる」わけです。


 最後にまとめます。今の政治は本当に微妙な駆け引きという薄氷の上で執り行

われています。しかしサヨクもウヨクもその政治の表層ばかりにとらわれ、ウラ

のウラで行われているであろう駆け引きに思いを馳せることがありません。です

から、せめてこの『放知技』版だけでも、そのあたりをとことん議論することに

よって深い理解を得られるようにしたいものです。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.