★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 32904260

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
bar1
Ponpoko8b蜜蜂
bar2
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new 本物商品だけ!ぽんぽこ笑店 『放知技』データベース


吠えるE爺と 燃える同志たちの闘議場 -28-

1:飯山一郎 :

2017/09/05 (Tue) 16:48:40

host:*.dion.ne.jp
日本は,311以降5年余り続いた最悪の危機から脱した!人類史上未曽有の災厄に対して不作為・無為!何もせずに日本は助かったのだ.だが,過去6年間に吸い込んだホットパーティクル(核物質の超微粒子)による放射線障害のため,いま現在も深刻な多病多死社会のままだ.このことを念頭に,この先,いったい我々は如何に生き抜いていくのがベストなのか?議論を深めて頂きたい.(飯山一郎)
826:One:

2017/09/25 (Mon) 13:34:10

host:*.plala.or.jp
>825
飯山先生、私の立場を配慮していただいたようで、ありがとうございます。

これを見るまで、28ページに書いてあります、とだけ書いて去ろうとおもいました。
おそらくここを見に来る人は、飯山先生がお持ちになっている膨大な情報のおこぼれに預かりたいのだと思っています。
実は、私もw

そんなわけで、山水蒙は誤解を受けたようなのでお詫びしなければなりません。
先日から息子(ヱト)たちに言っていたのです。

飯山先生は巨大な山なのです。
その山の地下にはっきりとしたカナートが流れているのです。
この川は情報の奔流です。
最近、その山の下で情報の流れが見えなくなっている、そんな状態を話を息子にしていた矢先だったので、(つい勝手に)ご理解いただけるとおもいこんでしまいました。
決して童蒙を意識したわけではありませんので、お許しください。

さて、私の息子(ヱ)が以下のようなメモを残して学校に行ってしまいましたので、貼り付けてみます。
こんなふうに書けよ、と言い捨てて去って行きました。(法科の人間は歴史好きが多いようです)

貼り付け、ここから

・聞かれた順に答えよう
・「神」による情報の伝搬とは何か(身内からも批判が出たので説明します的な)
・「神話は扱わない」とどこで言った?
・「最大の汚点」という言葉の補足(必要ないかも)
・「飯山への攻撃ではない」とかは言わなくても良い気がする
・最後に改めて山形の注の問題点指摘(論理構造の指摘とコンテンツの指摘は分けなければならない)
 もしかしたらコンテンツの指摘は不要かもしれない。親父の好みでどうぞ
 あるいはむしろコンテンツについては「卓越している」と飯山の言葉を繰り返しても良いかも
・PS.読解力以前に知識・資料が不足しているので「インダナ」「南壇」とはどんな神なのか(どんな宗教のどんな文献に現れる神なのか)知りたい
 (一部負けを認めるような感じになる気がするので言わなくても良いかもしれない)

メモ
1.壇君は南壇のこと(かもしれない)
2.南壇はインダナと同じ(かもしれない)
3.インダナ(ヒッタイトの神?)はインドラと同じと思われる(アーリア宗教?)
4.インドラが仏教に取り込まれて帝釈天と呼ばれていることは知られている
5.帝釈天と牛頭天王の関連を指摘する説もある
補足:インドラはヴェーダに現れる武神。何らかの史実を反映しているのかもしれない


おかしいと思う所
「よって極めて古い伝承となる。」
 インドラが古いインドの神であることと、
 それから派生した(のかもしれない)檀君伝承が古いことは無関係ではないか?
 (もしかしたら山形はインドラが古い神だと述べただけかもしれない)
「それ以前の史実の断片かと思われる」
 インドラが早くに神聖化(ややニュアンスが不明、書き換えられていないということか?)されていることと
 インドラが史実を踏まえていることとは無関係ではないか?
 (神聖化が遅かったら史実と無関係と言えるわけではないと思うが)
 ましてそれと檀君の史実性は全く無関係だろう(おそらく山形もそんな話はしていない)
「また牛頭天であり」
 牛頭天がインドラと関係していることの根拠が示されていない
 (関係が有る可能性は否定できないし、どこかの誰かがそういう説を唱えているのも事実だが)
 つまり山形がそのように考えた経路が不明(日ユ同祖論?騎馬民族征服説?超古代文明?)
「古代日本に入ってきている」
 牛頭天が外来の神なのか、外来の神と日本の神の習合なのか、
 はたまた日本古来の神なのか、言い切れるものではないと思うが・・・
 (ただしやはりインドラが日本に入って牛頭天になった可能性は充分にある)
つまり同じ結論をもっとトンデモな話で導く奴もいる(「天皇系図の分析について」を見よ)
そこで山形明郷先生がいかなる経路で「檀君=南壇=インダナ=インドラ=帝釈天=牛頭天」
という結論を導いたのかが不明瞭で、あたかも風呂敷を広げることで細部をごまかそうとするかのごとくである

貼り付け、ここまで

何卒、お怒りを解き、情報をお与えください。
伏してお願いいたします。

/One こと、河野薫雄

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.