★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 27534955

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★日本は強靭で安寧な国になる! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だが,何が起ころうとも,強靭な指導者=安倍晋三が国家の総力を挙げて対処する!国民の暮らしも大丈夫!国会を空転させるだけの野党はバッラバラの烏合の衆.枝野の処理は公安がヤル.容赦するな. 飯山 一郎
祝 加計学園 獣医学部認可へ! 岩盤規制に穴があきました!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


堺・仲・安倍・大勝利スレ -30-

1:飯山一郎 :

2017/10/20 (Fri) 18:28:23

host:*.dion.ne.jp
総選挙とは,個人的な好み,ロマン,文句,ノスタルジー等々を表明する祭りではない日本国をどの党の誰に任せるべきかそれを冷静に考えて投票する政(まつりごと)なのだ.国は強国が良い.弱いと国民が不幸になる.22日は自民大勝だどうせなら圧勝させたい日本がより強靭な国になるためになお,本スレは少なくも本年末までは『堺のおっさんと仲間たちが安倍総理の自民党を選挙で大勝利させるための選挙対策特別スレッド』略称:『堺 仲 安倍 大勝利スレ』(さかい なか あべ だいしょうりスレ)という名称で運営します.(飯山一郎)
332:mespesado :

2017/11/03 (Fri) 16:03:55

host:*.itscom.jp

 久しぶりに書評を書きたいと思います。今回取り上げる本は、

浜矩子の『「アベノミクス」の真相』です。この本は、安倍政権

の経済施策である「アベノミクス」を批判する本であり、2013年

の5月に初版が出たもので、アマゾンの書評でも評価が最低と最

高の両極に分かれている、というものです。

 まずはこの本の支持者、すなわちアベノミクス批判者のコメント:

> 日本の経済は成熟期を迎えており、低成長時代に入っている。
> そのこと自体は悪いことではない。地球の資源には限りがあり、
> 環境問題や地球温暖化も重要な課題となってきている昨今であ
> る。むしろ、全世界的に持続可能な社会を模索する段階に入っ
> てきたと言える。もはや成長は必要なく、真に豊かな社会とは
> どのような社会なのかを経済的側面からだけではなく考えてい
> かなければばならない段階にきたと言える。
> それなのに、安倍政権はそれと真逆なことをやろうとしている。
> この本の中でアベノミクスの本質が明快に述べられており、ギ
> ンギラギンのアベノミクス。時代錯誤のアベノミクスであるこ
> とが、明快に指摘されている。
> 真の経済成長に結びつかずバブルを生むだけの金融政策。時代
> 錯誤の財政出動。ギンギラギンの成長戦略。この本を読んで、
> アベノミクスは大企業重視に偏った政策であり、しかしそのこ
> とが逆に経済の破綻を引き起こす危険を持っていることがよく
> 分かった。これからは持続可能な社会、成熟した社会を作るた
> め、富の再分配や経済だけによらない豊かさを追求する時代に
> なったのだと思う。アベノミクスはこれと真逆な政策なのだ。
> 浜さんはテレビでも歯切れよく痛快な持論を展開するので注目
> していたが、さらなるご活躍を期待する。今後の日本の進むべ
> き方向への提言を展開されることを期待する。


 次に、この本の批判者、すなわちアベノミクス賛同者のコメント:

>  この本を最後まで読めた人は感心します。とにかくつまらな
> い内容で私は数十ページを読んで放っていました。あまりにも酷
> い内容だったのでアマゾンのカスタマレビューにでも投稿してお
> こうと思ったのですが、最後まで読んでないので批評も出来ませ
> ん。そこで、もう一度取り出して最後まで読みました。
>  結局、この著者が言いたいことは、成長より分配ということで
> す。安倍政権は経済成長を目指すより、分配を重視すべきだと説
> いています。「弱者を見捨てるな、生活保護をもっと充実させろ」
> と書いています。そのためには法人税も増税しろという意見です。
>  世界では「市場」か「分配」かの議論はとうの昔に終わってい
> ます。「分配」で成功するのなら、ソビエトや北朝鮮は繁栄して
> いるでしょうし、JALが倒産したりはしなかったでしょう。この
> グローバル競争の時代によくもまぁこういう古い考えの人がまだ
> いるのですね。私は、格差はある程度は仕方がないと思います。
> 必要なのは結果の平等ではなく、機会の平等です。
>  この著者は世の中の話題に便乗して本を売ってやろうという意
> 図が見え見えです。今度は中国危機のようなタイトル本も出した
> ようです。どうせ中身がないのだろうと推測します。


 何やらサヨとウヨ特有の感想という感じで、私はこのどちらの意見

にも納得できなかったので、やはりきちんと購入することにしました。

と言っても、アマゾンで1円で売ってたのでそれを購入したのですがw

 読んだ結果は、まあ著者のサヨク史観による主観も反映しているの

ですが、著者の意見の部分は置いといてファクトの部分を読むと、ア

ベノミクスなるものが一体どういうものなのかを手軽に知るには丁度

よ本だとは思いました。具体的な感想は順にアップしていきたいと思

います。                        (続く)

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.