★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 41128482

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


堺・仲・安倍・大勝利スレ -30-

1:飯山一郎 :

2017/10/20 (Fri) 18:28:23

host:*.dion.ne.jp
総選挙とは,個人的な好み,ロマン,文句,ノスタルジー等々を表明する祭りではない日本国をどの党の誰に任せるべきかそれを冷静に考えて投票する政(まつりごと)なのだ.国は強国が良い.弱いと国民が不幸になる.22日は自民大勝だどうせなら圧勝させたい日本がより強靭な国になるためになお,本スレは少なくも本年末までは『堺のおっさんと仲間たちが安倍総理の自民党を選挙で大勝利させるための選挙対策特別スレッド』略称:『堺 仲 安倍 大勝利スレ』(さかい なか あべ だいしょうりスレ)という名称で運営します.(飯山一郎)
368:亀さん:

2017/11/06 (Mon) 19:00:14

host:*.t-com.ne.jp
今日は15時間仕事をやり、漸く先ほど終わりました (^^)v


さて、

>>367

飯山さん、重要な指摘有り難うございました。小生、『みち』の校正をお手伝いしていることもあって全文に目を通していますが、誤字脱字などの発見に集中しているため、〝内容〟までには気が回りませんでした。だから、飯山さんの指摘で初めて、『みち』最新号の藤原源太郎稿、「深層潮流 核放棄前提対北姿勢の限界藤原源太」に、金正恩の母親=高英姫と書かれていたのに気づいた次第です。

__________
一〇月七日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キムヨジョン)氏が同党の中央委員会総会で政治局員候補に選出された。与正氏は二〇一四年に朝鮮労働党の宣伝扇動副部長に就任していた。母親は正恩氏と同じ高英姫氏。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

本当だ! 源太郎さんが今まで主張していた、「金正恩の母親は横田めぐみ」という主張と、180°違っている…。

ここで改めて思うのは、やはり源太郎さんも月刊日本という共同体が可愛いのだということです。この「月刊日本共同体」については、拙稿「孤高たれ」で書きました。

__________
亀さんは同誌の関係者の幾人かとは交流があり、野間氏にも幾度か会っている。そして、今でも月刊日本の人たちは人間的に良い人たちばかりだと思っているほどだ。しかし、拙稿「秋刀魚の味」や「納豆型社会の情景」にも書いたことだが、日本社会は国家よりも己れの属する共同体を優先する傾向にあり、月刊日本もその例外ではない。つまり、月刊日本は月刊日本という共同体を国家よりも優先させているのである。このあたりの気持ち、亀さんも日本社会の一員として分からないでもない。

しかし、人は己れを生み育んでくれた、祖国の内部崩壊を如何に食い止めるかという、大義を第一において行動するというのが本来のあるべき姿であることに思い致すに、日本社会のネバネバした納豆の糸という人間関係を断ち切り、孤高に徹する勇気が、国難に直面している今こそ必要な時はない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

源太郎さんは今でも金正恩の母親は、横田めぐみさんだと確信しているはずですが、それを表立って発言できなくなったという苦しい立場にあるのだと思います。しかし、金正恩の母親が横田めぐみさんだと主張していた自説を、上のように覆した理由を誰もが納得出来る言明をしない限り、『みち』もやがて『月刊日本』同様、ネオコン派に転向していく恐れがあります。

小生は『みち』の筆者と読者が集う、月一回行われる「まほろば会」に毎回出席していましたが、今年の5月20日に行われた「まほろば会」を最後に、顔を出していません。放知技で展開されているような、〝ワクワク感〟が無くなったからです。このあたり、もう暫く様子を見て、『みち』も終わったなと確信したら、校正を辞退し、購読も止め、それまでの経緯をブログで記事にする予定です。

いずれにせよ、『月刊日本』は完璧なネオコン誌に成り下がり、『みち』も面白くなくなった。それでも、天童竺丸さんのツラン論、そして稲村公望さんの郵政論が読みたいがため、もう暫く『みち』の較正のお手伝いを続けてみるつもりです。



すでに李白の世界に居る亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.