★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28684566

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


EG・堺のおっさん等 爺さんが元気なスレ -31-

1:飯山一郎 :

2017/12/30 (Sat) 20:28:54

host:*.dion.ne.jp
2017年2月11日(建国記念日).安倍晋三はフロリダで,トランプ大統領と固い盟友関係を結んだ.結果,日本国は従来の支配者=米国ネオコンからの独立を果たした.これを嫌ったネオコンは,朝日新聞や民進党を使って「モリカケ疑惑」をデッチあげ,倒閣を狙った.しかし安倍晋三は耐えに耐え(普通なら失脚),狙いすまして衆院を解散し,総選挙に圧勝!ネオコン勢力を蹴散らした.続く2018年はイカなる年になるのか? タコどもを排除した放知技で,ごゆるりと御議論願いたい.
なお,本スレのスレ主は,堺のおっさん.EGはメンテ部長です
425:天然居士 :

2018/02/12 (Mon) 23:56:26

host:*.ocn.ne.jp
「名前」さん」、あなたの言う「サヨク」「サヨク脳」というのは、一口で言えば、「正義真理教」
の信者ということですか。それはただの低能、もしくは不幸にして精神に障害を起こした方々で、議論
の対象にはなりません。ネットウヨの中にも「社会的弱者に身を寄せ、彼らの尊厳回復のために戦う人がい
る」とおっしゃるが、ありえません。そういう人が万に一人いたら、私の定義では立派な「サヨク」です。
ネットウヨはただのバカばかりで、議論すべき相手ではありません。

貴方は「サヨク」について全く無知だ。幸徳秋水、大杉栄、堺利彦、小林多喜二など「サヨク」思想に殉
じた人たちの生きざまなど知らないでしょう。彼らにとって思想は教養でも飾りでもない。命がけで守る
行動基準であり生きる証明なのだ。軽々しく「サヨク脳」など意味不明な言葉をねつ造したほしくない。

歴史は、「正義」や「悪」の判決を下す裁判所ではありません。いつ、何が、誰が、どうして、どのように展開
し、後世にどのような影響を与えたのか、を精密な検証で科学的、客観的に解明するものです。大日本帝国が
「正義の国」だったのか、「悪の国」だったのか、などを考えるのは頭の悪いウヨだけです。真理に対する熱い思
いと冷徹な分析力が歴史の闇を照らすのです。

「サヨク」というと代表選手のようによく朝日新聞の名が挙げられますが、いつ朝日は「サヨク」になっ
たのですか。朝日は「公正な中道新聞」と自称しています。第一、飯山先生が「朝日はネオコンの手先」
と罵倒し続けていますよ。「ネオコン」と「サヨク」は一体ですか。

吉田証言の記事は、詐欺師にひっかかった、ただのみっともない誤報でしょ。ちなみに、吉田証言を誤報として
謝罪、取り消ししたのは朝日と北海道新聞ぐらいです。同じように一報を報道した産経や読売はいまだに
口を拭ったままです。朝日の誤りは、謝罪したことなのでしょうか。

最後に、「戦う」とは、何も武器で相手を傷つけたり、殺すことばかりではありませんよ。ガンジーの非暴力
抵抗運動は、立派な戦いです。高潔な人格と、徹底した抵抗活動でイギリスのインド総督の心を屈服させた
のです。武器ではできないことです。

「名前」さんは「サヨク」と偽称する悪党に、よほどひどい目にあったのですか。「サヨク」を評価する目が
ひん曲がっています。立派な社会主義者もいることを勉強してください。
「西洋的視点」と一口に軽く言いますが、プラトン、新旧キリスト教、カント、ヘーゲル、マルクス、
ウェーバー、ニーチェ、サルトルなどのうちのどれですか。それぞれ全く違いますよ。

本来の「サヨク」が求めるものは「正義」ではありません。すべての人間が、人間としての尊厳を保ちながら、
自由に己の才能を開花し、支配も隷属もない、互いに思いやる家族のような社会(コミニューン)の実現です。
究極にあるのは「正義真理」への盲目的信仰でなく、進歩と人間の可能性に対するゆるぎない信頼です。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.