★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 38544602

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


先読み上手なオッサンたちの闘論スレ -35-

1:飯山一郎 :

2018/06/30 (Sat) 15:48:21

host:*.dion.ne.jp
4.27南北会談,6.12米朝会談で,極東アジアの“一触即発状況”は見事に終焉! トランプは公約した非軍事主義(世界中からの米軍撤退)とアメリカ・ファースト(インフラ整備と内需経済)への階段を上り始めた.今後の懸案は「中国の膨張主義」だが,「一帯一路構想」の不評と尻つぼみを米国ネオコン軍産が奇貨として妄動しそうである.さぁ,世界はどうなる?そして日本は?
329:mespesado :

2018/07/29 (Sun) 15:41:54

host:*.itscom.jp
>>324

> 要するに、飯山氏を嫌いだっただけ。


 これと似たような、ある対象をいろいろ理屈をつけて批判しているけれど

も、実はその対象が単に嫌いなだけなのを、理論的に理屈をつけて嫌いであ

ることを正当化する、という手法はいろんな場面で見受けられます。しかも

そのことを批判している当人が自覚していないことも多い。

 そんな典型の一つが、最近一部で話題になっている新潮45所載『日本を不

幸にする「朝日新聞」』における、LGBTに対する「生産性」発言を巡る炎

上騒ぎ。

 ここでは“あえて”杉田氏を支持するサイドにリンクを貼ってみます:


生産(しょうさん)とは「出産」のこと/新潮45を読まない人の杉田水脈た
たきの意味不明
https://twi55.com/sin4520180726/


 ここには新潮の記事の問題個所がそのまま引用されているので、その部分

を孫引きしておきましょう:


> 例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使
> うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分が
> あります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が
> 得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産
> 性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどう
> か。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたび
> にもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違
> いしてしまうのです。(新潮45 8月号 p.58)


 まあリンク先のサイトでは杉田議員をいろいろ擁護していますが、「LG

BTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか」

などと書いてあるんですから、これをLGBTの人に対する差別だ、とさわぐ

側にも一定の理があるのではないでしょうか。

 ところが批判する側が、この引用文中の「生産性」という言葉に過剰反応

して「生産性で人の価値を判断するとは何事か!人権無視だ!」などと騒い

だものですから、保守側は、このリンク先にもあるように、“いや「生産」

の本来の意味は「しょうさん」と読んで「出産」のことを意味したのだ” な

どと屁理屈の応酬があって、ますます炎上。果ては、お互いにLGBTの当事

者の意見を紹介して自説を正当化する人まで出てくる始末。しかしLGBTの

人たちの中にも政治的には保守的な人とリベラルな人がいるんですから、

「どこが問題なの?」というLGBTの人もいれば、「我々に対する酷い差別

だ」というLGBTの人がいるのも当たり前の話です。

 ですが、この問題の一番の本質は、もともとこのような「保守的なあまり、

個人の尊厳を重視する人にとって挑発的とも取られかねない発言をちょくち

ょくすることで有名な杉田議員を、ムカツクから、この発言を奇貨として叩

いて議員を辞めさせる運動をすることで、一向に退陣しない安倍政権に対す

る憂さを晴らしたい」というのが杉田発言批判側のリベラル陣営のホンネだ

と思います。

 つまり、「杉田議員が嫌いなら最初からそう言いなよ。この発言のどこが

どうだから差別発言で気に入らん、などという部分は所詮後付けの理屈でし

ょ?それを素直に認めなよ。」ってことです。

 さて、以上は杉田発言批判者に対する分析ですが、実は同じような問題点

は当の杉田氏についても当てはまるのではないでしょうか?

 というのは、このLGBT問題って、典型的なポリコレ的テーマであり、私

が以前論じたように「秩序の維持」vs「個人の尊厳」の対立問題なんですね。

つまり「各遺伝子のコピーを多く残すことに成功した遺伝子が多数派を占め

る」というトートロジーから論理的に帰結する「子孫を残そうと行動する」

本能と、他人の気持ちに同化する「共感本能」を霊長類である私たちは持っ

ています。大多数の人が異性に恋愛感情を持つのは「子孫を残そうと行動す

る」本能によるもの。また大多数の人が他人のLGBTに対しても違和感を感

じる(あえてはっきり言うと「気持ち悪い」と感じる人も多い)のは、この

「子孫を残そうと行動する」本能に「共感本能」が加味されたもの、として

理解することができます。つまり多数派を占める「同性愛に反対」な人は、

この霊長類の本能によると考えられるわけです。この「霊長類の本能に忠実」

な「秩序の維持」イデオロギーを持っているのがいわゆる「保守派」、逆に

多数派とは異なる感性や本能を持っているために多数派から「権利を侵害さ

れている」と感じてその権利を多数派に認めさせようという「個人の尊厳」

イデオロギーを持っているのがいわゆる「リベラル」です。

 ですから、この杉田さんも、典型的な「保守派」としてLGBTに「違和感」

を感じているというのが彼女の「本音」であり、「生産性」云々を持ち出し

たのは、自分の価値観を「本能だ」では説得力が無いから、あえて一見説得

力がありそうなテーマを持ち出して正当化しただけだと思われるのです。実

際、これでは完全に正当化されていないことは、「異性愛でも不妊のカップ

ルは子供が持てないという意味では生産性が無いじゃないか。何でLGBTだ

け生産性が無いと言って問題にするんだ」と言われたら困ってしまうでしょ

う。なので、杉田議員にも言いたい。「LGBTが嫌いなら最初からそう言い

なよ。生産性が無いから税金を使うのは気に入らん、などという部分は所詮

後付けの理屈でしょ?それを素直に認めなよ。」と。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.