★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39011048

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
964:亀さん:

2019/02/10 (Sun) 05:27:20

host:*.t-com.ne.jp
>>962 堺のおっさん、
>>961 Conganasさん、

__________
笑われるのを承知で言えば,私は「この世界がどう変わっていくのか,見ていたい」だけなのです.
日本だけでなく,アジアが,世界全体が,この先どのような変貌を遂げていくのかを目撃したい.知りたい.そのために長生きがしたいと思う.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

上掲は五木寛之が自著『孤独のすすめ』に書いた言葉ですが、それに対して飯山さんは以下のような感想をもらしています。

__________
五木寛之著『孤独のすすめ』からの抜粋ですが…,ワシも全く同じ気持ちです.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お二人とも、〝将来〟において世界がどう変わるかということを知りたいがため、長生きしたいと語っているのですが、小生も二人の先達と全く同じ気持ちです。そして同時に、〝過去〟にも深い関心があります。つまり、アフリカの地で我々の直接の祖先、すなわち人類誕生から気の遠くなるような歳月が流れ、その後において人類初の文明を誕生させたユーラシア大陸、そして、今日に至っても今尚、ハートランドであり続けるユーラシア…。あれこれ連想しているうちに、久しぶりに畔蒜(泰助)さんの著書を再読したいという衝動にかられたものです。
「今のロシア」がわかる本
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-954.html

ともあれ、「世界がどう変わるか」という〝将来〟すなわち我々は何処へ行くのかといったこと以外に、我々は何処から来たのかという〝過去〟の真相が、現在取り組んでいる「飯山史観」の編集を通じて、頭の中の整理がついてきて朧気ながらも見えてきたのだし、〝将来〟のことはともかく、少なくとも〝過去〟のことを知った上で、あの世に行きたいと、つくづく思ったものです。

過日、志布志を初めて訪れ、横瀬古墳や唐仁古墳群を目の当たりにして、シベリアの地に誕生した墳丘墓(クルガン)の流れを、これらの古墳群が確実に引き継いでいることを肌で感じ取ることができたし、遠祖が遺してくれた古墳群を目の当たりにして故郷に戻ったような気持ちになり、感無量でした。

ともあれ、飯山史観の編集という作業を通じて得るであろう視座を土台に、〝過去〟、そして〝未来〟を一つの流れとして飯山史観というカンバスに描いてみたいと、堺のおっさんとConganasさんの投稿を読みつつ思った次第。お二人に多謝!!!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.