★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 37587237

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


[国際情勢版]『トランプ』 VS 『ディープステート』

1:muku :

2018/12/09 (Sun) 22:41:57

host:*.bc9.ne.jp
[Deep State] 世界の政治経済を制覇するため、「民間の手による」世界金融支配システムを創造
する「金融資本家達の国際的ネットワーク」が存在する。   キャロルキグリー米歴史家
                VS
[トランプ]DSに乗っ取られた米国の政治権力を、国民の手に戻すために出てきた大統領。
プーチン、金正恩共々、時代の大転換期に彗星の如く出現する希代の英雄であろう。
更にフィリピン、マレーシア、韓国、ブラジルと、続々反ネオコンのリーダーが誕生。
英国のEU離脱、仏の黄色いベスト運動、独のメルケル党首退陣、サウジ騒動も同じ流れ。
「DS対自国民第1主義トランプの闘い」の行方は、我が国の行く末をも左右する。
多くの情報を求む(コメ梨も可)。疑問質問ご意見も宜しく!!
88:奥田 正行 :

2019/04/11 (Thu) 18:05:09

host:*.zaq.ne.jp
muku様が本スレに書き込まれた、3月15日プーチン大統領による日ロ平和条約交渉に係る
「日米同盟解消必要」発言を契機に、Conganas氏の本スレ227[2019/03/20 (Wed) 17:25:01]
において(旧)日米安保条約・日米地位協定時に日米密約が交わされた、との鋭い貴重な記事
が引き出されました。これは貴重・有益な記事と思われ、本来は当掲示板データベースに
収録が望ましいと思うのですが、最近はこれが機能していません。つきましては、当該記事
について備忘として、後掲のとおり当方が整理要約してみましたので、これをを当スレに
置かさせていただきたいと存じますので宜しくお願いします。

また、この安保条約・地位協定時の日米密約説については、次の理由により信憑性がある
と考えます。

1.対露接近の安倍首相が暗殺・逮捕されていないこと。
中川父子、田中角栄、橋本龍太郎、鈴木宗男のようにDSに逆らう者は暗殺・逮捕・薬物テロ
の対象にされてきたが、安倍首相は健在です。

2.安倍首相がネオコン・戦争屋・DSの手先を首相官邸から出入り禁止にしたこと。
CSIS(戦略国際問題研究所)のジョセフ・ナイ、リチャード・アーミテイジ、
マイケル・グリーンらがそうです。

本スレ227[Conganas 2019/03/20 (Wed) 17:25:01]の要約

1951.09.08 サンフランシスコ講和条約、日米安保条約署名、
1952.02.28 日米行政協定(日米地位協定)締結、1952.04.28その発効。

上記条約・協定時に交わされた日米密約の内容
1.米国は日本に対し、戦後復興資金30億ドル(現在価値30兆円)を長期融資。
2.日本は米国に対し、融資担保として国防権・電波権・航空管制権を差し出し。
3.融資金主は英サッスーン(HSBC)基金。米国はこの融資に裏書(政府保証)。
4.融資期間60年。
 日本は完済により担保の国防権・電波権・航空管制権を取り戻す。
 安保条約・地位協定は、融資完済後に失効する。

2012.4月融資完済後の状況
1.安保条約・地位協定の運用
2012年以降は、これらの失効まで手心を加え運用する過渡期。
2.電波権
 実質的回復の段階を得て2012.5月東京スカイツリー営業開始。
3.航空権
 羽田空港の発着枠は、従前の年6万回から2013年に年9万回へと拡大。
 航空管制権も暫時回復途上。
4.国防権
トランプ政権誕生で在日米軍撤退も米国政府の政治目標。
 安倍首相は、新防衛計画大綱を打ち出し。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.