★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 38942433

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


世界☆一郎会☆連絡用スレッド

1:堺のおっさん:

2019/01/06 (Sun) 15:28:30

host:*.enabler.ne.jp
2018年11月25日に大阪で行われた「飯山一郎氏を送る会」に

大勢の飯山一郎ファンが集いました。

その後、飯山先生の意思を引き継ごうと各地で地方の一郎会を

結成、開催していこうと有志が動いています。

このスレッドは、リアルな交流を通じて飯山一郎氏の業績を

これからの生き方に反映していこうという有志のための連絡スレッドです。

一郎会の開催企画や、参加希望者の連絡用スレッドとしてご利用ください。

宜しくお願いいたします。
94:亀さん:

2019/08/17 (Sat) 04:06:39

host:*.t-com.ne.jp
はぐらめいさん、ご無沙汰しております。東北一郎会では大変お世話になりました。

さて、玉稿「長白山行」シリーズ計12本を読ませていただきました。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-07-31

大連には野崎晃市博士が住んでおられますが、その大連に立ち寄り、二百三高地所縁の地を訪れた由、羨ましく思いました。そして、白頭山にも登られたとのこと、小生も一度は登ってみたいと思っていた山です。白頭山と言えば、民族派ジャーナリストの山浦義久さんが、白頭山について多様な角度で語っておられたのを思い出します。たとえば、以下のような発言…
__________
朝鮮の白頭山を護っているウリ集団。白頭山が噴火した時、石が十和田湖まで飛んだ。その十和田湖から持ってきた祠(道祖神)が、今日の白頭山の山頂に飾ってある。白頭山は神聖な御山である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________
現在の国土交通省の前身は内務省であるが、その一局に台湾、朝鮮などを管轄としていた土木建設局があった。当時の吉田茂は内務省が解体されるのを事前に察知、吉田の甥っ子の白石宗城を使ってパシコンを設立させた。そのパシコンをバックアップしていたのが白洲次郎であった。これにより、パシコンの背後に控えていたのが、英国であることが一目瞭然である。なお、白石は新日本窒素肥料(チッソ)社長を歴任している。
嘗ての第19師団は北鮮の白頭山信仰を研究するセクションであった。これはパシコンの白石が関係していた。このあたりを知るには、小説であるが柳広司の著した『ダブル・ジョーカー』(角川書店)が面白い。
白頭山信仰に繋がる「シベリア・シャーマニズム」を研究していたのが今西錦司、梅棹忠夫らであった。従って、今西らは大本教に関係していた。すなわち、パシコンが絡んでいた。
パシコンと繋がりのある安藤忠雄が山梨県竜王町で開発を進めている。表向きは高麗の里開発。しかし、裏では神世界に関係? ここで、中韓国境の延吉(中国・吉林省東部・延辺朝鮮族自治州の州都)に迎賓館ホテルがあるが、このホテルを設計したのが安藤忠雄である。安藤忠雄は白頭山信仰に造詣が深い。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________
飯山一郎氏、マヨ氏、亀山は、邪馬台国は遼東半島にあったと主張するが、違う。また、関西でも九州でもない。真の邪馬台国は秋田にあった。秋田と北朝鮮の白頭山は深く繋がっているのである。(栗原茂氏も山浦氏の秋田説に同意)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

また、シリーズ後半で瀬織津姫について言及されていますが、道友の安西正鷹さんが安倍昭恵さんのことを、「平成の瀬織津姫」と高く評価していたことがあり、そのあたりは少し拙ブログにも書きました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/category11-7.html

瀬織津姫、まほろば会で天童竺丸さんが大祓詞を奏上する際、登場するので以前から関心がありました。その意味で、はぐらめいさんと天童さん、そして安西さんは多くを語り合えるように思います。

次は、どのような旅行記が登場するのか、今から楽しみにしております。ありがとうございました。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.