★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39451489

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー38-

1:mespesado:

2019/07/22 (Mon) 09:29:16

host:*.itscom.jp
経済の世界で緊縮派対反緊縮派の対立軸が鮮明になってきました。
引き続き放知技の目の肥えた読者のレベルにふさわしい議論を期待します。
479:mespesado :

2019/09/27 (Fri) 07:24:56

host:*.itscom.jp

>>477 >>478

 やはりそうですよね。実はこの件について、へっぴりごしさんが次のサイ

ト↓

なぜ人は共産主義に騙され続けるのか
https://www.epochtimes.jp/p/2019/08/46112.html


を紹介してくれていましたが、実は私もこの記事を読んだことがありまして、

そこには


> 日本と欧米の左翼に共通する点は、いずれも自らの属する社会や文化を
> 憎み、その破壊を意図していることである。その憎悪の感情は、過大な
> 自己評価ゆえに、周囲が自分を正当に評価していないと不満を持つこと
> から生じている場合が多い。


とありまして、確かに鋭いところを突いています。しかし、著者はこれに続

けて


> ただし、これは全ての左翼に該当するわけではない。左翼運動は、さま
> ざまな種類の人間の複合体である。

> 私は、左翼運動の構成員を次の3つに分類している。

> 1.中核層

> 自らが属する社会を憎み、それを破壊することを目指す人たち。見せか
> けの理想を掲げて活動を興し、その活動が社会の破壊に結びつくよう巧
> みに制御する。良心は無いが知的レベルは高い。

> 2.利権層

> 中核層に従うことで、活動資金や仕事(テレビ出演など)を得ることが
> 目的の人たち。

> 3.浮動層

> 中核層が掲げた理想に共感する人たち。正義感に基づいて行動するが、
> いい人と思われたいという虚栄心があることも多い。知識を身に着ける
> と、騙されたと気づいて活動から去る。


と述べ、


> 正直で頭のいい人は左派にはなれないというレイモン・アロンの言葉に
> 対応させると、中核層と利権層は不正直で頭のいい人であり、浮動層は
> 正直で頭の悪い人である。その複合体が左翼というわけである。


と結論付けているところはちょっと違和感を持ちました。というのは、「中

核層と利権層は不正直で頭のいい人であり」というところは全くそのとおり

で、こざかしい野党の連中とか暴力的デモなどを画策している連中なんかは

まさしくそれですが、「浮動層は正直で頭の悪い人である」というところは

ちょっと注意が必要で、この放知技でもよく取り上げられているような人た

ち(きっこさんとかその他のサヨク系ツイート)は「頭が悪い」というのは

言い過ぎだと思ったのです。かわりに、じゃあ彼らはどんな特徴があるかと

いうと、上にリンクを貼った記事の中に既に答が書いてあったのです↓


> 周囲が自分を正当に評価していないと不満を持つことから生じている場
> 合が多い


 この中に、ズバリ「不満」という言葉がしっかりと入っています。そして

彼らは「頭が悪い」というよりも、「自称インテリのプライドが強すぎる」

ために、自らが社会に対して「不満」という「ダダを捏ねているおこちゃま」

と同じものを持っていると自覚することが自分で許されないために、その不

満を持っていることを自分で認めることができず、外に敵を作ってそれを攻

撃することで「自分は正義の味方なのだ」と思い込むことでプライドを満た

し、この「不満」を「解消」している代償行為である、というのがことの本

質だと私は考えるわけです。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.