★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 44036483

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を読み解く初心者たちの討論スレー1ー

1:猿都瑠 :

2019/11/13 (Wed) 18:12:40

host:*.kddi.com
メインスレに書き込みたいけど、敷居が高い、考えが纏まった時には別の話題になっているなどなど。

実際にお会いした方々からそのような声があったので立ち上げました。

自身のペースで、そして気楽に疑問質問を、肩の力を抜いて書き込んで下さい。
43:奥田 正行 :

2020/03/14 (Sat) 17:48:09

host:*.zaq.ne.jp
クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の新型コロナウイルス感染症騒動において、
自衛隊病院の当該感染者受入・対応について、以下のツイート・ブログ記事において、
次の事項について賞賛されていることを紹介します。

1.初期の大量患者発生(PCR陽性の軽傷者含む)の病院収容(受入時に感染対策必要)と
いう難しいミッションを淡々とおこなったこと
2.多くの病床、医療者の人力の運用を迅速に行ったこと(普通の病院では難しい)
3.受入前に訓練を行い、病院医療従事者に院内感染を起こしていないこと(訓練の賜物)
4.死亡者を出していないこと(これは運と後送も影響)
5.ほとんどの人をしっかり退院させていること
6.結果、初期に起きる医療崩壊を防いだこと


ツイート:EARLの医学ツイート 2020.03.14 14:45
https://twitter.com/EARL_Med_Tw/status/1238702802773262337
@EARL_Med_Tw

>新型コロナウイルス感染者対応における自衛隊病院の知られざる活躍 なぜメディアは
>伝えない!


(引用)

新型コロナウイルス感染者対応における自衛隊病院の知られざる活躍 なぜメディアは伝えない
中村ゆきつぐ(元自衛隊医官 危機管理専門血液内科医)のブログ 2020.03.12 06:30
http://blog.livedoor.jp/dannapapa/archives/5161667.html

>たまたま本日の防衛大臣のツイッターに気づきました。

>河野太郎 3月11日
>@konotarogomame

>>自衛隊病院、3月10日時点でこれまで感染者122名を受け入れ、114名退院、
>>2名転院、6名が現在、入院中です。

>気付かなかった!
>おいおい、でもメディア全然報道してくれてないじゃん!
>まあ確かに自衛隊の仕事だからニュースバリューは低いかもしれないけど、藤田医科大学
>岡崎医療センターの時はあれだけ褒めていたのに、自衛隊だと言及もしてくれないの・・

>大事なことがこの自衛隊病院の行動に含まれています。
>1 初期の大量患者発生(PCR陽性の軽傷者含む)の病院収容(受け入れ時に感染対策
>は必要)という難しいミッションを淡々とおこなったこと
>2 たくさんの病床、医療者の人力の運用を迅速におこなったこと(普通の病院では
>難しい)
>3 受け入れ前に訓練を行い、病院医療従事者に院内感染を起こしていないこと(訓練
>の賜物)
>4 死亡者を出していないこと(これは正直運と後送も影響)
>5 ほとんどの人をしっかり退院させていること
>6 結果初期に起きる医療崩壊を防いだこと
>(7 関東?の感染症担当医に今回の患者診療のノウハウを講義してさらに崩壊を
>防ごうとしたこと)

>まあ自衛隊の仕事ですから、大々的に褒めてくれとは言わないけど、せめて頑張って
>いることは流してよ。ダイヤモンド・プリンセスの時も載せてるのは朝雲だけだし。

>ただ今の日本のコロナウイルス対策に自衛隊衛生の力があったこと、そして医療崩壊を
>結果的に防いだことを日本の国民に知っていただければ幸いです。・・

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.