★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 43458854

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を見透かす知恵者たちの発信スレー40―

1:堺のおっさん:

2020/04/19 (Sun) 21:38:13

host:*.enabler.ne.jp
奇遇と言うか、故飯山氏を送る集いは2018年11月25日、

大阪のコロナホテルで執り行われた。まさに啓示である。

コロナウイルスの一種である武漢ウイルスが世界を巡り、

グローバル世界はこの感染爆発に対応出来ない限界を示した。

武漢ウイルスは世界を変えるキーとなるか。

知恵者たちの卓見を発信するスレになることを期待する。(管理人)
462:mespesado :

2020/06/30 (Tue) 00:36:50

host:*.itscom.jp
 あの緊縮脳で財務省のポチである朝日新聞の原真人の「逆説的な意味」で

の良記事↓


省内議論を飛ばしコロナ予算を決定?財務省局長に省内から批判も
https://news.livedoor.com/article/detail/18490171/


> 財務省に異変! 安倍官邸に付き従う主計局長に批判噴出


>  一昔前の財務省は、国の財政を脅かすことなら、時の政権だろうと、
> 与党の大物政治家だろうと、言わねばならぬことを言い、拒まねばなら
> ぬことは拒んでいた。それが国家の屋台骨を支える財政当局としての責
> 務だと組織の誰もが信じていた。

>  ところが、第2次安倍政権の7年半でそのありようは大きく変わってし
> まった。とくに、ここ1~2年は、官邸主導の予算バラマキ路線に主計局
> が積極的に手を貸す事例が目立っている。


 お!本当かいな。それはいいことだ。具体的には↓


> いま財務省内で、この補正予算編成にまつわる批判を一身に浴びている
> のは、太田充主計局長(1983年入省)だ。

>  なぜ批判されているのかといえば、千億円単位、兆円単位の重要予算
> 項目について、省内議論をすっ飛ばし、ひとりで安倍官邸側と結論を決
> めてしまったからである。それも官邸側の言い値で、という不満だ。


 これはすごい!財務省は組織としてはクソでも、個人単位では善い人もい

るわけだ。太田主計局長ガンバレ!ここで「省内議論をすっ飛ばし」という

のは勇気のいることだったろう。「組織の意思」に逆らった決定をしようと

すれば、このようなやり方になるのは当たり前。国防について河野大臣が防

衛省という組織の「根回し」をすっ飛ばしたのと同じ流れだ。ところが…


>  若い官僚たちは、しょせん官邸の言いなりになるのでは財務省の存在
> 価値がないではないか、とやる気を失いつつあるようだ。幹部たちの間
> には、事態を見守るしかなかったことに無力感が漂う。


 普通は組織の利害に飲み込まれた古株に楯突くのは若手と決まっている。

その若手に、もし本当にそんな理由で「やる気をなくす」連中がいるのだと

したら、そんな若手は要らんね。とっとと転職しろ。…、まあ、筆者の原真

人から見て緊縮派の「良い子」がやる気を失ってるのが憤懣やるかたない、

というだけで、実は積極財政派の若手だっているだろうが、そっちは無視し

てるだけなんだろうけれどね。


>  何人かの官僚からこんな声を聞いた。「太田局長は部下の意見を聴か
> ない。だから主計局内でさえ信頼を失いつつある」と。ある幹部は「省
> 内全体が今のような状態になってしまったことには忸怩たる思いがある」
> と話した。

>  太田氏のやり方はシンプルだ。経済対策を決めるに際し、まずは経済
> 産業省の新原浩朗・経済産業政策局長(84年入省)と主要政策の規模や
> 中身についてすり合わせる。


 やっぱりね。さすが経産省内閣というだけあって、安倍政権は経産省を味

方に付けて、返す刀で財務省にも見方を作ったわけだ。安倍政権の手腕が見

事に発揮されたわけだ。


>  太田氏のやり方も最近はこれに近くなっている。新原氏との合意内容
> を財務省に持ち帰り、次官ら主要幹部に説明するものの、官邸の了解ず
> みだからと、たいがいはそのまま押し通す。そして部下には、それに従
> って予算編成作業を進めるよう指示を出すのだ。

>  これは財務省では異例なやり方だ。

>  本来なら、まずはそれぞれの担当主計官たちが担当する主計局次長の
> もとで、関係省庁と相談しながら具体的な予算編成を進めていく。それ
> らをあわせて主計局長のもとで最終調整するのがオーソドックスな手順
> である。


 いや、逆でしょう?予算の大きな方針を決めるには、国民から選挙で信任

を得た国会議員からなる官邸が方針を決める。財務省だけでなく、すべての

省庁は、その方針もとに細かい事務作業を行うためにあるのだから、「部下

には、それに従って予算編成作業を進めるよう指示を出す」のは全くもって

民主的で正しいやり方だ。これが財務省で異例だというのは、今までの財務

省のやり方の方が間違っていたということだろう。つまり、今までのやり方

の方こそが「財務省独裁」だったのだ。


> 現役幹部を凍りつかせた元大物次官
>  かつて「大蔵一家」と呼ばれた強力集団、いまで言えば「財務省一家」。
> その暗黙のルールには、OBが現役の悪口を言わない、というものもある。
> 財務省OBにはその後も社会的影響力がある立場の人が多い。そのOBたち
> が現役官僚の仕事を批判すれば、財務省の仕事そのものに支障が出かね
> ないと考えるからだろう。

>  ところが、最近、そのOBたちが、昨今の財務省への不満を口にするこ
> とが増えてきた。政権の意向をくみすぎて財政健全化に何の布石も打て
> ない。そのことに業を煮やし、不満を隠しきれなくなったのだ。


 以前、財務省OBの高橋洋一氏が、財務省の意思決定を行っているのは財

務省という「組織」であり、その組織の空気を作っているのは、一番エラい

はずの事務次官ですらなく、OBが口を出して決めているようなことを言っ

ていましたが、まさにそれのことですね。

 記事の残りの部分は、緊縮脳の原真人のグチが続くが、間違ってるのはア

ンタの方なんだよ。間違った知識で読者を欺くのはもうヤメれ。でもアンタ

のこの記事のおかげで財務相の内部に積極財政に手を貸す勢力が、安倍政権

による見えない「省庁改革」のおかげで力を持ちつつあることがわかったの

は感謝するよ。それと同時にどうして安倍総理が石破は絶対ダメとか、まと

もな後継者選びに必死なのがよくわかりました。ポスト安倍で、もし凡庸な

総理に交代したら、せっかく今まで経産省の力も利用しながら、あの難攻不

落の「財務城」の中に積極財政の核を造り、その力を育てつつあるのに、安

倍政権のような「重石」が無くなったら、その財務省の利害と相容れない積

極財政の拠点が、財務省と言う組織の力で簡単につぶされてしまうことを一

番恐れているからなんですね。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.