★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63823890

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


現実に訪れるカオス~その時気づく自身の中の恐ろしい人間性

1:コムロ :

2015/08/14 (Fri) 11:02:34

host:*.openmobile.ne.jp
《人類史上世界で一番愚かで馬鹿な国民》の末路

日本列島全体を石棺で覆う事は不可能であり、彼らはやる気もない。

水も食べ物も動植物も国土も、すべてが放射能汚染され、手がつけられなくなってしまった。

ひとつ忘れてないだろうか?

我々日本国民すべてもまた、放射性廃棄物として処理されなければならないのである。それほどまでに我々自身の肉体も汚染されてしまった。

そのための原発54基すべての制御不能状態による被爆死・戦争突入によるなるべく多く戦死者の続出が、彼らの望みだ。また政府機能及び国家機能の放棄喪失からカオス状態に移行した後の大混乱のさなかに起こる強奪・強姦・殺し合い。これまた彼らの望むところだ。それこそが、彼らの書くシナリオである。

憐れみを抱く善意の他国人ですら、どうしようもなく一定の時間見守るしかないだろう。

その後は?僅かな生き残りとして救われた者達も、現在我々が食べる前にガイガーカウンターで測定している玄米やジャガイモと同じように、一人一人被爆の汚染度を測定されてから、汚染の度合いに応じて他国の住む地域を振り分けられる。ほとんどが放射性廃棄物の扱いとなり、地球上の片隅に隔離され、そのなかで残りの齢を終えることになる。廃棄物として生きながら土に埋められるよりは、ほんの少しましかも知れない。

だが隔離場所の檻の中から出られることも、子孫を残すことも許されることもないまま死んで行く。やっと死んでくれた、と言われながら。

掲載が許されるなら、次回は一縷の望みを書いてみたいと思います。




5:鉄道遅延 :

2015/09/07 (Mon) 14:17:18

host:*.spmode.ne.jp
私も、間違いかもしれないが、54の放置は、地球に人類がいなくなること 一日冷却しないと、
ふくいちと同じになる、と。
それだけは、避けなければならない、と、良心プーチンと隣国中国が、今から準備してるでしょう。

悲観的で怒られるかも、ふくいち鎮圧と、54の運営に、一部日本人が命令される気がする。
4:皮肉屋 :

2015/08/15 (Sat) 05:07:53

host:*.infoweb.ne.jp
>そのための原発54基すべての制御不能状態による

そういう事態になったら、日本国民を受け入れてくれる「他国」そのものも地球上から消滅してしまっている、すなわち地上の全人類滅亡することになっていると思いますけど。
もはや日本に手出しをする、あるいは日本を操る以前の問題かと。
3:イミフ :

2015/08/15 (Sat) 03:13:14

host:*.dion.ne.jp
恐るべき災禍のなかに飯山師の徳の力で乳酸菌(醗酵菌)摂取という法を得た、不食もならず
主食、副食すべて汚染、せめて健康にと手にする野菜も殆どは「腐る野菜」(野菜は本来腐らず
萎びるもの)これに放射線がかかわり誰もが望む健康には程遠い、ご存知と思いますが河川の
生物はすべて死滅、暗い話で申し訳ありませんが主食の米も、有機ということに拘らず、消費者
が萎びて腐らない野菜を知ることが大事と思います、極めて少ないですが実際に流通もある。
生産者は自ら重篤な病に流通業者も自ら重篤な病からそれぞれその道にすすんでみごとに快癒
されている、そういえば世界的な農業指導者の故福岡正信さんもそんな経緯でした。
2:ガイガー:

2015/08/15 (Sat) 02:21:13

host:*.btvm.ne.jp
人のおそろしさは身に染みてます。
(勿論自分のことも含め)

だので面白そうなので是非早く書いてくだされ

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.