★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63749107

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


農業用塩

1:d :

2016/01/05 (Tue) 18:58:19

host:*.plala.or.jp
飯山さんの農業用塩はいくらで販売しているのですか?
回答よろしくお願いします。
8:独り狼 :

2016/05/14 (Sat) 21:19:15

host:*.bmobile.ne.jp
人々の善悪の基準が、行政にドッキングされていて、お上に逆らわない羊の群れが多勢な昨今は、
本物の狼の群の存在を、察知出来ない。
パナマ文書も、チャンスとは捉えられない人々ばかりで、身近な人々から「パナマ文書」の言葉が出ない。
庶民という愚民は、愚民のままの庶民のようだ。。。悔しいね。
7:姶良市民:

2016/05/14 (Sat) 16:46:02

host:*.bbiq.jp
商号 三陸水産 有限会社
所在地 〒970-0101 福島県いわき市平下神谷字出口24-1
電話番号 0246-34-5601
FAX番号 0246-34-5603

古代の海の天日塩25kg
内モンゴル・ジランタイの塩湖から生まれました。
ここではヒマラヤ山系の伏流水が大平原の岩塩の地層に湧き出し、汚染とはまったく無縁の塩の湖を悠久の時間をかけて生成しています。地元の人がいのちの塩と呼ぶその自然のままの豊かな味わいは、悠久の時間が創りあげた大自然の恵みです。
あら塩タイプなので漬物をはじめ、様々な用途にご利用いただけます。

販売価格¥4,990(税別¥4,620) 購入数

品名 古代の海の天日塩25kg
内容量 25kg
原材料名 湖塩
保存方法 常温
配送方法 常温便 ※商品のお届けについて ※送料について


6:Z :

2016/02/15 (Mon) 17:49:03

host:*.plala.or.jp
からいもさん
回答ありがとうございます。
海水を原液のままで散布したら良いのでしょうかね?
海水を撒いた事のある方教えてください。
5:からいもさん :

2016/02/09 (Tue) 13:19:03

host:*.au-net.ne.jp
海水に含まれる微量元素が直接に何等かの良い影響をもたらすこともあるかもしれませんが、
糠漬け床に塩をいれるように、塩化ナトリウムが土着の乳酸菌や酵母菌などの活動にとって有意に働くのではないかと
私は思っています。
塩を畑に撒くことにより土着の乳酸菌や酵母菌が活動し易くなり代謝産物である有機酸によって、
土中に固着されたク溶性燐やク溶性加里を作物が吸収し易くし、さらには有機酸の酸性バリアで
腐敗や病気を起こす微生物の活動を抑えるなど考えられます。

ただ、塩化ナトリウムは土の団粒構造を壊す働きがあるとの考えもあり、畑に入れてはいけないとしている人もいます。
4:Z :

2016/02/08 (Mon) 21:32:47

host:*.plala.or.jp
畑に海水を撒いても肥料になるのですかね?
ミネラルと言うことで、、、。
3:からいもさん :

2016/01/08 (Fri) 11:34:37

host:*.au-net.ne.jp
農業用岩塩というものがあります。
私も今年から使おうとしています。
バスソルトやおいしい岩塩などぽんぽこ笑店にも取扱いのある
ジェスクコーポレーションさんの製品です。
「農業用岩塩」でgoogle検索すると最初に出てくると思います。
お問い合わせされてはいかがでしょう?
2:破武:

2016/01/05 (Tue) 23:01:44

host:*.au-net.ne.jp

ふぅぅ~! 農業用の塩などと言うものは存在しません。
なるべく ベクレていない海水をポリタンクに汲んで
撒けばよいだけです。
そんな噴霧器です。キッパリ !!

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.