★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63673912

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -8-

1:飯山一郎 :

2015/09/11 (Fri) 11:10:20

host:*.ocn.ne.jp
フクイチの臨界デブリは、激烈な核プラズマと、火焔を地上に噴出させ、大暴走!の様相を濃くしている。さらに、首都圏は連日のように湿度100%。この異常極まる濃霧が原子炉の一次冷却水と同一の水蒸気であることを明確に認識している者は少ない。知識人たちも無自覚。これは、生物本来の危機察知能力が消失したということで、絶滅は必定である。
一方、国際社会は臨界デブリの人類消滅性を認識しつつある。米海軍の動きは特に不気味だ。絶体絶命の秋(とき)である。
430:RT :

2015/09/18 (Fri) 12:39:26

host:*.ocn.ne.jp
これは・・・。


抗がん剤も放射線治療も受けない川島なお美 体重30kg台前半に

昨年1月、肝内胆管がんが発覚した川島は12時間に及ぶ腹腔鏡手術で胆管を摘出した。
幸い、術後に再発や転移は見つかっていないが、「私の血管にはワインが流れている」と
豪語するほど好きだったお酒は、一滴も飲めなくなった。
 また、手術で胆嚢を摘出したため消化酵素が分泌されにくくなり、現在の食事は消化の
良い発酵玄米や豆乳ヨーグルトを中心に、おかずは全て、ゆっくりと時間をかけて噛んで食べている。
「手術後、川島さんは抗がん剤も放射線治療も一切受けていないんです。今、実践してい
るのは、免疫力を向上させるための食事療法や、プロテインの摂取、そして適度な運動だ
そうです。ただ、あの体を見ると、果たしてそうした療法に効果が出ているのか、心配に
なってしまう部分もあります…」(川島の知人)

http://news.livedoor.com/article/detail/10605326/

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.