★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65580572

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


吠えるE爺と 燃える同志たちの闘議場 -26-

1:飯山一郎 :

2017/05/19 (Fri) 00:22:05

host:*.ocn.ne.jp
前スレでは安倍晋三が日本の政治と外交を大変革させた経緯を議論しまくった.しかし「森友」で集団発狂した講演屋を筆頭に,識者の大半は日本国の構造変容と,そのダイナミズムをホとんど認識できぬまま.斯様な放射性ルサンチマンはホっとけ!と,当スレでは更に世界の深層を探り,真相を見透かすスレにしたい.ホは通奏低音.(管理人)
904:ぴょん吉 :

2017/06/24 (Sat) 22:00:07

host:*.bbtec.net
ラマナマハルシの寿命は、ネットで調べると、確かに、71歳でしたね。
以外に短命だというのが頭にあって、勘違いしていたようです。
いつも出てくる、つぶらな瞳の写真が60歳頃の写真でしたw

************************

http://www.sriramanamaharshi.org/ja/home/
↑↑↑
このHPのラマナマハルシの回想録という所に、癌らしい記述がありました。
聖者だからかは知りませんが、あんまり苦しんだ様子もなさそう。


************************

1948年の終わり頃、彼の左腕の肘下に小さな瘤(こぶ)が現れました。

それが大きくなったとき、アーシュラムの医師が手術で切除しました。

しかし1ヶ月の後、それはふたたび現れたのでした。今回はマドラスから外科医がやってきて手術をしました。

それでもその傷口は適切に治癒せず、腫瘍はすぐにふたたび成長し、さらに大きくなっていったのです。

さらなる検診の結果、それは極端な苦痛を伴う骨肉腫という癌だと診断されたのでした。

医師たちは癌に冒された所より少し上からの腕の切断を提案しました。ラマナは微笑んで答えました。

「心配する必要はありません。身体自体がひとつの病気なのです。自然な終焉を迎えさせればいいのです。

なぜ切断するのですか? ただ包帯を巻いておけばそれで十分です」。

さらに2度の手術が行われましたが、その度ごとに腫瘍は現れたのでした。現地特産の薬草やホメオパシーも試されました。

しかし治療は無駄に終わりました。賢者はまったく気にせず、苦痛に対しても無関心なままでした。

彼は病気が身体を蝕んでいくのを傍観者として眺めていたのです。

それにもかかわらず、彼の瞳はいままでになく輝きを増し、彼の恩寵はすべての生きとし生けるものへと注がれました。

人の群れが押し寄せるようになりました。ラマナはすべての人が彼のダルシャンを受けるべきだと主張しました。



このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.