★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65597625

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー37-

1:堺のおっさん:

2019/02/16 (Sat) 13:43:18

host:*.enabler.ne.jp
いよいよ二回目の米朝首脳会談が迫ってきた。金正恩とトランプというこれまでにない
国家指導者が作り出す新たな政治局面は我々の固定概念を打ち砕くであろう。
北朝鮮が途轍もない経済発展を成し遂げることは、覇権争いにも大きく影響する。
自立した朝鮮を悲願とする金正恩は、まだ、若干35歳である。10年どころか、
30年先まで国家指導者として君臨しうる。時がたてばたつほど、この若さは武器となり、
10年先までしか見通せない指導者を凌駕していくことであろう。
その片鱗を見通していくスレッドになることを期待する。
511:亀さん:

2019/05/18 (Sat) 02:55:14

host:*.t-com.ne.jp
今日は、これから山形県南陽市で行われるmespesadoさんの講演を聞いてきます。

それから、別スレの「一郎会連絡スレッド」でも「聖方位」について少し書きましたが、今日、実際に稲荷森古墳と長岡南森遺跡を見てきます。ある意味、現在拙ブログで連載中の「古墳時代」シリーズの集大成になると思います。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16639517/32/

つまり、「古墳時代 11」で書いた飯山さんの「外圧・征圧」観…

__________
 *第1回目は:紀元前1万5千年前頃.日本列島に土器文化人が侵入

 *第2回目は,紀元前5千年頃.定住稲作民族が移住

 *第3回目は,西暦紀元前後,古墳文化をもつ豪族たちが侵入

 *第4回目は,7世紀.豪族・古墳文化の日本列島に,百済国が侵入
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
縄文時代→弥生時代→古墳時代までの日本列島、そして飛鳥時代以降の日本列島の間に、途方もなく大きな断絶が見られるということです。そのあたりを解くキーワードの一つが、聖方位、すなわち古墳の方位でした。

最初は北條芳隆氏の著した『「ものが語る歴史36 古墳の方位と太陽』(同成社)を入手し、読後感の形で拙ブログの「古墳時代」シリーズの総仕上げを考えていましたが、その後同書を徹底的に批判・解説したブログを発見しました。「気まぐれな梟」というブログです。
https://ameblo.jp/ufjtmb26/entry-12308318098.html

同ブログの北條芳隆氏の書籍についての書評が(1)から(26)まで続いており、未だすべてに目を通したわけではありせんが、同シリーズを読めば北條氏の本は購入する必要はない、と思わせるほどの優れたシリーズです。そう思うわけは、「気まぐれな梟」ブログ主の優れた史観にあり、的確に北條氏の書籍を読み抜き、目から鱗の的確な批判を至る所で展開している点にあります。

したがって、古墳時代と飛鳥時代という二つの時代の間に横たわる大きな断絶が、そうとうビビッドに浮き彫りにできそうな予感がします。換言すれば、天皇の居なかった古墳時代までの日本列島と、天皇のいる飛鳥時代、具体的には天武天皇の御代以降の日本列島の間に横たわる〝大〟断絶であり、これが本日のmespesadoさんの講演テーマの一つ、「・なぜ縄文時代や海外の王室は「女系」なのか」に繋がってくるのではないでしょうか。

ともあれ、縄文時代に古の日本人が培った「縄文精神」とでも呼ぶべきものが、天武天皇の御代以降において大きく変貌を遂げた…。そのあたりが、「気まぐれな梟」から読み取れます。

一方、そうした優れた批判的読書を成し遂げた同ブログ主なのに、根底にある同主の史観は旧来の日本の歴史学者が持つ史観の枠内のままwww たとえば、邪馬台国は畿内あるいは九州にあったとした視座に留まっているため、同ブログ主が到達した結論が、大きく間違ったものになっているのは残念でした。たとえば…
__________
 古代中国では「「礼記」の記載であるが、魂は浮游する「たましい」であり、それは天に帰るものとされた」が、「いっぼうの魄は人体を形成する「たましい」であり、こちらは死後地中に吸収されると考えられた」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※亀さん注 日本は中国の影響を大きく受けているとする、従来の史観は半分正しく半分間違っています。中国本土における殷王朝と周王朝間の大断絶は大変なものがあったからです。すなわち、ツランから殷王朝に至る精神性、すなわちシャーマニズムを考慮しないことには、その人の持つ史観が大きく狂ってしまう…、同ブログはその好見本と言えます。

それでも、中国の殷王朝と周王朝間の大断絶、そして日本の古墳時代と飛鳥時代間の大断絶を再考察する上で、貴重なブログであることには変わりありません。。


昨夕、懇意にしている海外の翻訳会社から数日分の仕事が入ったため、このあたりを拙ブログで記事としてアップするのは、今週半ばあたりになる予定です。

では、南陽市の皆様、本日は宜しくお願い致します。それにしても、堺のおっさんの差し入れの日本酒、楽しみだ(爆) 堺のおっさんに多謝!!!!!!!!



上神谷が楽しみな亀さん@人生は冥土までの暇潰し

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.