★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63722097

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


放知技の書斎

1:猿都瑠 :

2019/03/29 (Fri) 15:15:25

host:*.au-net.ne.jp
情報時代と言えど、読書の重要性は増す一方。
古典と呼ばれる書籍群から現在に至るまで、この書籍は必読、こんな書籍を読みました、読んでます。
この書籍はお薦めですとか何でもE~です。
他のスレと重複しても構いませんので、皆さんどうぞ。
100:亀さん:

2019/12/09 (Mon) 07:53:07

host:*.t-com.ne.jp
>>98

> 『意識と本質』

本当に同書に取り組んだのですね、凄いなmespesadoさんは…(唖然)

井筒俊彦は多くの著書を和漢洋で著していますが、日本語の本で井筒俊彦その人の本質を識るには、『神秘哲学』と『意識と本質』の二冊は欠かせないでしょう。しかし、両書とも難解であり、一度読んだくらいでは殆ど理解できない性質の本であり、繰り返し読む必要があると言われいてる本ですね。

ともあれ、この二冊さえ読めば井筒俊彦の他の本は、読まなくても差し支えないとすら言われているほどで、しかも確か両書とも日本語以外に訳出されていないはずです。その意味で、日本語が解る我々は両書を世界に紹介する〝義務〟がありそうです。

小生の頭では理解は難しいので、『意識と本質』を読了した後のmespesadoさんの読後感というか、解説を今から期待しております。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.