★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63661087

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


新型コロナの「軽症」と思われる「経過」報告

1:支援(OB、自称科学者) :

2020/04/02 (Thu) 22:36:05

host:*.mesh.ad.jp
新型コロナの「重症・重篤」な症状は、YouTubeやWEB上にて
多数報告されています。

一方、「軽症で自覚症状なし」でも、レントゲン・CTでは
軽い肺炎像が3割?程度で見られると報告もあります。

そこで、新型コロナの「軽症」と思われる「経過」報告を
御願いします。実は私も「軽症」で終わった様です。

「軽症」でも感染させる可能性が高いと言われています。
そこで、新型コロナと自己判断できる目安が知りたいし、
知って頂きたいです。
34:支援(OB、自称科学者) :

2020/04/19 (Sun) 00:39:52

host:*.mesh.ad.jp
>>33 4様へ
>旧型のコロナでもどんどん検出すべきだろうと私は考えてます

先ず、正確に書ける「この内容」から行きますね。

日本土着風邪コロナを、新型コロナPCR検査では除外されていると私は考えていました。
その根拠は、

1.https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html
 ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、
 HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1である。
 風邪の10~15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とする。


2.https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/ivdDetail/ResultDataSetPDF/480585_30200EZX00017000_A_01_01
 2019-nCoV検出蛍光リアルタイムRT-PCRキット
 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と同じヒトコロナウイルス、
 発熱の臨床症状を伴うウイルス、ならびに呼吸器に感染が認められるウイルス及び細菌を測定したところ、
 結果は全て陰性であり、交差反応は認められませんでした。検証した病原体は以下の通りです。
 ヒトコロナウイルス SARS-CoV、MERS-CoV、HCoV-HKU1、 HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-229E ・
 新型インフルエンザウイルス(2009) H1N1 ・ 季節性インフルエンザウイルスA型 H1N1、H3N2、H5N1、H7N9
  ・ 季節性インフルエンザウイルスB型 Yamagata、Victoria ・ パラインフルエンザウイルス 1、 2、 3型
  ・ RSウイルス A、 B型 ・ ライノウイルス A、 B、 C型 ・ アデノウイルス 1、 2、 3、 4、 5、 7、 55型
  ・ エンテロウイルス A、 B、 C、 D ・ ヒトメタニューモウイルス、エプスタインバーウイルス、
 麻疹 ウイルス、サイトメガロウイルス、ロタウイルス、ノロウイル ス、ムンプスウイルス、水痘帯状疱疹ウイルス
  ・ 肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミジア、レジオネラ、百日咳菌、 インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、
 化膿レンサ球 菌、結核菌、Klebsiella pneumoniae、Aspergillus fumigatus、 Candida albicans、Candida glabrata、
 Cryptococcus neofo

 妨害物質・妨害薬剤 下表の干渉物質については、測定サンプル中に混入した際に、
 (許容濃度で)影響がないことを確認しています。
 (例えば)ヒト血液 10μL/mL


でも、実際には、随分出来の悪い新型コロナPCR検査を使っていた(今も?)疑いがあります。
東大医学部の臨床医師が以上を知らないとは思えないのです。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.