★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65091337

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


新時代を見透かす知恵者たちの発信スレー40―

1:堺のおっさん:

2020/04/19 (Sun) 21:38:13

host:*.enabler.ne.jp
奇遇と言うか、故飯山氏を送る集いは2018年11月25日、

大阪のコロナホテルで執り行われた。まさに啓示である。

コロナウイルスの一種である武漢ウイルスが世界を巡り、

グローバル世界はこの感染爆発に対応出来ない限界を示した。

武漢ウイルスは世界を変えるキーとなるか。

知恵者たちの卓見を発信するスレになることを期待する。(管理人)
779:mespesado :

2020/08/31 (Mon) 23:24:55

host:*.itscom.jp

>>770

> しかし、詰将棋へ持ち込む将棋を組み立てるタイプの棋士は

> この二人おおいて他にいない。


 羽生と藤井が共に詰将棋が得意というのがなぜ圧倒的な強さに通じるのか。

 それってどうやらこういうこと↓ではないのかな、と思いました。

 将棋の手は先に行けば行くほど選択肢が分岐していき、読むべき手が指数

級数的に増えていき、最後の詰みまで読むのは至難の業。これを人体の血管

になぞらえて考えるとよくわかります。2手、3手先に相当するのが太い動

静脈に対応するとするなら、数十手先の手に相当するのが末端の毛細血管に

対応する。そして、毛細血管を省略して太い動静脈の絵だけを描いたのがこ

れ↓


https://lh3.googleusercontent.com/proxy/xtAOtQi27aACWwupgO6qhorHIvDt0Jdv2xGsQQzsjCvzcQsUJ_twkm3F2qtWcB79ijxtdwXYHPtu0Sz7mi6gcfgApZ9MzRrKftE2eoIybjRvC2QKAMyU8_ddzgeL


 これに対し、毛細血管まで含めた絵がこれ↓


https://orgone-kansai-sakura.com/img/%E6%AF%9B%E7%B4%B0%E8%A1%80%E7%AE%A1%E7%94%B7.png


 前者は人体の血管の大枠がどうなってるのかの本質がよくわかるけれど、

後者を見ると、グチャグチャ過ぎて、何がどうなってるかわからないw

 つまり、終盤の詰みが一目見てわかる棋士というのは、毛細血管まで読ま

なくても、その手前の太い動静脈まで読めば、その先の毛細血管の部分は意

識して読まなくても「わかってしまう」から読まなくてよい、ということ。

つまり詰将棋が強いということは、思考の中身が毛細血管でぐちゃぐちゃに

ならず、太い動静脈だけを意識して読めば済むので、局面全体の大枠がよく

見えてくる、ということに他ならない。だから大局感を間違えず、正解手が

わかるのだ、ということなのではないだろうか。

 で、政治の話の戻ると、産経新聞の阿比留瑠比氏は、安倍総理について次

のように論評している↓


安倍首相辞任表明
走り抜いた最長政権 期待と批判、一身に受け続け 阿比留瑠比
https://www.sankei.com/politics/news/200829/plt2008290006-n2.html


> 日本が真の独立国になるための憲法改正、北朝鮮による拉致問題解決、
> デフレからの完全脱却…など、安倍首相だから実現に期待が持てた諸課
> 題を今後、ほかの誰が担えるだろうか。

> 集団的自衛権を容認する憲法解釈変更、特定秘密保護法制定などマスコ
> ミの総攻撃を受ける不人気政策を断行する信念が、どれだけの政治家に
> あるか。


 どんな政策を実行したらよいかを考えるのに、個々の政策に対する人気不

人気などという次元で考えるのではなく、日本のために何をしたらよいのか

という本当の目的を達成させるためにはどこを押さえたらよいのか(=詰み

手順=毛細血管)が見えているからこそ、そこに現実に至るための手連出管、

例えば「敵の妨害」をいなすためにはどうしたらよいか、という「動静脈」

の部分の思考に専念することができる。

 ところが、この「毛細血管」の部分が見えない政治家は、例えば「消費税

は財政赤字解消に必要だから国民の反対を押し切ってでもやらなければなら

ない」などとトンチンカンな方向に「頑張」ったり、「米国の要求が日本の

搾取ばかりだから、法案はすべて廃案にすればいい」などと「究極の対症療

法」に走ることになって、かえって真の目的から遠ざかってしまうわけだ。

そこが安倍総理が他の総理大臣と決定的に違うところなのだろう。そして、

アベガーな人たちというのは、そもそも毛細血管の存在自体に気付いていな

い、ということなのだろう。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.