★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65196427

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


新時代を見透かす知恵者たちの発信スレー40―

1:堺のおっさん:

2020/04/19 (Sun) 21:38:13

host:*.enabler.ne.jp
奇遇と言うか、故飯山氏を送る集いは2018年11月25日、

大阪のコロナホテルで執り行われた。まさに啓示である。

コロナウイルスの一種である武漢ウイルスが世界を巡り、

グローバル世界はこの感染爆発に対応出来ない限界を示した。

武漢ウイルスは世界を変えるキーとなるか。

知恵者たちの卓見を発信するスレになることを期待する。(管理人)
785:mespesado :

2020/09/01 (Tue) 08:21:38

host:*.itscom.jp

 亀さんの最新エントリー↓

http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1804.html

から。


>【追記02】
>【1】安倍政権の7年余りとは、日本史上の汚点である
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020082800004.html

> 上掲記事の筆者・白井聡氏は政治学者とのことだが、これほど政治の本
> 質を分かっていない政治学者も珍しい ( ̄□ ̄;)!!


 野次馬根性で読んでみましたよ。まあ酷い文章ですね。

 で、ちょっとコメント欄を読んでみたんですが、これ、朝日新聞系の雑誌

のサイトだからかもしれませんが、賛同する意見が結構あり、反対する意見

と明確に分かれていましたが、私の感想として「こりゃ、賛成派と反対派が

仮に一堂に会して議論しようとしても会話にならず、罵倒合戦になるだけだ

ろうな」と思いました。なぜなら、賛成派も反対派も賛成する理由・反対す

る理由が一切書いてないからです。おそらく双方とも、自分でもその理由が

きちんと言語化できるレベルに達していないのではないか。

 で、この白井聡という人の過去記事を探してきたのですが、興味深いのは

これ↓


永続敗戦からの展望
https://news.yahoo.co.jp/byline/shiraisatoshi/20140317-00033618
白井聡 | 京都精華大学人文学部専任講師(政治学・社会思想)
2014/3/17(月) 7:00


 丁度民主党政権が倒れて安倍政権による経済復調があり、その経済効果が

そろそろ切れ始めて来たかな~という時期です。

 この頃にタイムスリップしたとして、この文章を読むと、実はさほど違和

感がありません。だって、米国はまだDSに支配されており、国防も、中国

の脅威がさほど顕在化しておらず、米国戦争勢力が日本の自衛隊を「利用」

しようとしていた時期ですから、反米的な意見はそれほど違和感がないわけ

です。

 さて、この2014年の記事では、意外にも、最初に引用した最新の記事のよ

うな安倍総理に対する罵倒は全くありません。実は、この結構長い記事の中

で、「安倍」という名前が出て来るのは、意外にも次の箇所の2回だけです↓


> 最初に挙げたいのは、2月の安倍首相訪米である。迎えたオバマ大統領の
> 冷遇ぶりは際立っており、ほとんど嫌悪感を隠さなかったと言ってよい
> だろう。『永続敗戦論』において私は、安倍の掲げる「戦後レジームか
> らの脱却」が本気で追求されるならば、米国は「傀儡の分際がツケ上が
> るのもいい加減にしろ」という強烈なメッセージを送ってくることにな
> るだろうという趣旨のことを書いたが、果たしてその通りとなった。


 つまり、日本は戦後米国による支配から抜け出すことができず、安倍総理

のいう「戦後レジームからの脱却」なんてできてないじゃないか、また、で

きるわけないじゃないか、という文脈で出て来ているだけです。

 私は白井氏の思想はこの頃と今とでさほど基本的に変わってないと思いま

す。彼は現在何が不満かというと、その隷米時代の不満の根本が、長い安倍

政権が終わろうとする今になっても何も解決していないではないか、という

ことだと思うのです。最初の記事の副題で「公正」だの「正義」だの言って

いますが、所詮は後付けの理屈です。モリカケや、果ては伊藤詩織事件まで

ダシにしてますが、これも「解決していない」ことへの怒りの矛先が時の為

政者に向かっただけの単なる安倍氏本人に対する八つ当たりに過ぎない。

 この白井氏のような代表的なアベガーな人の本質的な本心は、「政治がま

ともな世の中を目指していない」という意識にあると思うし、それは確かに

そのとおりだと思うのです。ただしその原因は安倍政権や、まして安倍氏本

人の「悪意」にあるわけではなく、単に「大多数の庶民にとって善いこと」

を実施されると困る連中が強大な政治力を持っているからに他ならない。そ

してアベガーな人たちは、例外なく政治のマキャベリズムを解していない。

だから、理想を実現するためには、彼らに潰されないようにするために、迎

合しなければならない所は妥協せざるを得ないことが見えない。そして更に

言えば、安倍政権の支持者も大半はこのマキャベリズムを理解していない。

彼らは単に安倍総理が第一次内閣で露骨に打ち出した「正直」な「戦後レジ

ームの脱却」案を保守派の立場から支持した人たちと、安倍政権発足直後の

円高不況からの復帰による経済の復調を支持した人が大半なのだと思います。

だから、反安倍論者と安倍支持論者は全然違う論点で支持したり批判したり

してるから、議論が全然かみ合わないんですね。そしてそこに、戦後日本の

最大洗脳である「緊縮脳」と「WGIP」それぞれについて、洗脳されてな

い人と洗脳されたままの人が入り乱れ、これが更に事態を複雑化させてグチ

ャグチャになっている。

 だから、反アベな人とアベ支持な人を共通の土俵で議論できるようにする

には、まず上で挙げた論点を整理したうえで、各論者に自分の立ち位置がこ

れらのカテゴライズのどこに位置するのかを自覚してもらった上でないと、

意味のある議論はできないような気がします。こういう人たちにとって、安

倍総理は詰将棋の人云々といった高度な話はそれらが全部整理されたうえで

初めて意味がわかる話で、大半の人は、未だそれよりはるか以前のレベルに

留まっているような気がします。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.