★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 64843300

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


新時代を見透かす知恵者たちの発信スレー40―

1:堺のおっさん:

2020/04/19 (Sun) 21:38:13

host:*.enabler.ne.jp
奇遇と言うか、故飯山氏を送る集いは2018年11月25日、

大阪のコロナホテルで執り行われた。まさに啓示である。

コロナウイルスの一種である武漢ウイルスが世界を巡り、

グローバル世界はこの感染爆発に対応出来ない限界を示した。

武漢ウイルスは世界を変えるキーとなるか。

知恵者たちの卓見を発信するスレになることを期待する。(管理人)
88:亀さん:

2020/04/26 (Sun) 03:28:52

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1587839332.jpg >>83

かんたさん、レス有難うございます。

> 作曲家

エッ、そうなんですか!!! そう言えば、かんたさんが大分前に御自身の投稿で、(自分は)作曲家ですといったことを書いていたような、いなかったような記憶が何となく蘇りましたwww

昨年は、コンサートで日本に里帰りしておられたんですね、今度再び里帰りするようなことがありましたら、是非お知らせください。かんたさんの作曲家としての今までの活動、日本人と遠祖を一にするドイツ人の国民性等々、かんたさんの歩んで来られた人生についてのお話、今から楽しみにしております。

昨日は仕事の途中、金正恩死亡の情報が入ってきて、その情報収集と分析を始めてしまったため、昨日中には終わるはずだった仕事が未だ残っていますwww これから、明日の締め切りに向かって取り組まなければ…(爆)

本板の最上部にリンクを張ってある飯山さんの「金王朝の“深い謎”」、そして「ビビンバ!北朝鮮!」、今回の金正恩死亡説と絡めて、金正恩像を再確認する意味で、小生も再読するつもりです。


>>85

堺のおっさん、小生はタバコは健康に良いと確信しているので、毎日すばすばと一箱ほど吸っています(爆) 実は小生、成人式あたりから長年の愛煙者でしたが、五十代に入った頃から12年ほど禁煙していました。しかし、青洲で飯山さんにタバコを勧められ、それから暫くして喫煙の習慣が戻ったのですが、そのあたりの経緯は、青洲で堺のおっさんも一緒だったので記憶に新しいところでせう…(爆) それにしても、飯山さんに中国の極上のタバコを勧められ、久しぶりに吸った最初の一服、旨かったこと、旨かったこと、マサニ人生の至福を感じたものです!! 帰国後、再び喫煙生活に戻ったと天童さんに報告したところ、「素晴らしい!! タバコは健康に良いからね」と仰せだったのを覚えています。


>>84

さて、今朝起きて仕事はそっちのけに、新しい金正恩死亡説の情報収集と分析を行ってみましたが、今のところ分かったのは以下の通り。

昨日の午前、金正恩死亡という情報が飛び込んできた時点で、グーグルで確認してみたところ、はっきりと金正恩死亡と書いていた(話していた)のは、ジャーナリストの篠原常一郎氏と『Newsweek』日本語版のみでした。ところが、12時間ほど経った本日の午前一時に再びググってみたところ、今度は金正恩死亡のニュースや記事でギッシリwww そのあたり、↑魚拓↑として本投稿に貼り付けておきました。

何本かのネットニュースや記事をサーッと目を通してみましたが、全てを念入りに目を通したわけではないので何とも言えないものの、ほとんどが>>77に書いた篠原常一郎氏の動画、そして>>78に書いたHong Kong Satellite Television(香港衛星テレビの副局長)をニュース源とするものでした。

それはともかく、篠原常一郎氏の場合は自身の動画で、「金正恩が死亡した」とハッキリと断言していますが、もう一人のジャーナリスト李相哲氏の場合、昨夜の新動画をアップしているものの、明確に金正恩死亡と断言してはいません。
(続報)金正恩の救助失敗か?!(2020.4.25)
https://www.youtube.com/watch?v=_2cg-nhW_AA

内容は実際に上掲の動画で確認してもらうとして、篠原常一郎氏と李相哲氏を比較するに、小生は李相哲氏の話をより信用しています。それは、同氏の解説から受ける印象として、しっかりとした情報源を確保していること、そして同氏が解説している内容も、確実な裏付けをとっているからです。何よりも、李相哲氏は1998年に日本国籍を取得した元朝鮮族中国人であることが小生にとって大きい。ご存知の通り、北朝鮮と国境を接する中国側の領土には朝鮮系中国人が多く住み、かつ北京と一線を画している瀋陽軍区の存在があります。ただ、今のところ李相哲氏の瀋陽軍区観が不明瞭なので、もう少し同氏の動画を追っていく必要がありそうです。

一方、篠原常一郎氏の場合ですが、元日本共産党専従という前歴が気になるところだし、今までに幾本かの同氏の動画を見ているものの、心から賛同できた動画は皆無でした。同氏は最近、「篠原常一郎のインテリジェンス・ウェポン」という、無料および有料会員を募るサイトを開設しています。確かに、ニュース提供で飯を食べていかなければならない同氏だけに、そうしたサイトを立ち上げた意味も分かりますが、一方で本当にそれだけなのかという思いもあります。ともあれ、今までは念入りに同氏の動画やメルマガの内容を徹底して分析したわけではないので、近く徹底的に幾本か分析した後、忘れなかったら本スレで簡単に報告させていただきます。殊に、軍事ジャーナリストを名乗る篠原常一郎氏の瀋陽軍区観は、どのようなものか、個人的に大いに関心があります。何故なら、それにより、凡その同氏の思想的傾向が把握できるからです。

最後に、再び飯山さんの遺稿「金王朝の“深い謎”」、そして「ビビンバ!北朝鮮!」に描かれている金正恩像に思いを致すに、金正恩が「お隠れになった」という戦術を選択したとしても格別驚くにはあたらないでしょう。
__________
それこそ世界の他のだれにもまねのできない

情報操作の達人ならではの政治でもある。

事の真贋は数年先に何となくわかるようになる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そこまで読み切っているとは………  流石は堺のおっさんです!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.