★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65151143

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


新時代を見透かす知恵者たちの発信スレー40―

1:堺のおっさん:

2020/04/19 (Sun) 21:38:13

host:*.enabler.ne.jp
奇遇と言うか、故飯山氏を送る集いは2018年11月25日、

大阪のコロナホテルで執り行われた。まさに啓示である。

コロナウイルスの一種である武漢ウイルスが世界を巡り、

グローバル世界はこの感染爆発に対応出来ない限界を示した。

武漢ウイルスは世界を変えるキーとなるか。

知恵者たちの卓見を発信するスレになることを期待する。(管理人)
926:mespesado :

2020/09/30 (Wed) 17:48:12

host:*.itscom.jp

>>924

> その深層についての須田氏の見方の浅さである。


 確かに。国会で、野党からのモリカケ追及に対し、追求する側の意図がわ

かるから対策が立てやすいんで起用したんだろうとか、思わず椅子から転げ

落ちそうになりましたよ。

 しかも、国家主義を悪い意味でしか理解していないみたいだし。

 で、じゃあ真面目な話、菅さんは、なぜ柿崎氏を起用したのか?

 そのヒントになるのが、柿崎氏の著書『検証 安倍イズム──胎動する新

国家主義』なのだと思いますが、私はこの本は読んでいませんが、かわりに

アマゾンレビューでその内容を知ることができます↓


検証 安倍イズム──胎動する新国家主義 (岩波新書)
Amazonカスタマーレビュー
https://www.amazon.co.jp/%E6%A4%9C%E8%A8%BC-%E5%AE%89%E5%80%8D%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%A0%E2%80%95%E2%80%95%E8%83%8E%E5%8B%95%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B0%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E4%B8%BB%E7%BE%A9-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9F%BF%E5%B4%8E-%E6%98%8E%E4%BA%8C/product-reviews/4004315662/ref=cm_cr_dp_d_show_all_btm?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews


 これのいくつかのレビューを読むと、柿崎氏は実に的確に、安倍政権の意

図を観察し、かつ理解している。ただし、その意図に対して、柿崎氏は自ら

の思想信条的に安倍政権に批判的である、ということのようです。

 要するに、菅さんは、柿崎さんの思想・イデオロギーがどうであるかとい

うことよりも、柿崎さんが安倍政権・安倍総理本人がどういう意図で何をや

ろうとしているかを深く見抜いて理解しているというところを買ったのだと

思います。

 安倍総理が、反原発などでかなりリベラルな思想だった河野太郎氏を、一

抹の不安があったにもかかわらず重要閣僚ポストとして起用したこと、一方

の河野さんも、それに応える形で今までの思想信条は一旦封印して、安倍政

権の意向にそった方向に舵を切って実績を積み上げたのを彷彿とさせます。

 世の中のサヨクやウヨクのネット論客は、何かというと左右のイデオロギ

ーありきの人が大多数で、その立場から賛成だの反対だのを主張している人

が殆どですが、政治の現場では、思想信条なんて頭を切り替えればどうにで

もなる。それよりも、世の中に対する鋭い洞察力や政治的実行力の方は、そ

の人の地頭の良さや長年の経験と蓄積が物を言い、にわか仕込みではとても

務まるものではない。徹底したリアリストの菅さんは、この原則に従って柿

崎さんの観察力・洞察力という「真の実力」に期待したのでしょう。


このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.