★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 64843112

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


新時代を見透かす知恵者たちの発信スレー40―

1:堺のおっさん:

2020/04/19 (Sun) 21:38:13

host:*.enabler.ne.jp
奇遇と言うか、故飯山氏を送る集いは2018年11月25日、

大阪のコロナホテルで執り行われた。まさに啓示である。

コロナウイルスの一種である武漢ウイルスが世界を巡り、

グローバル世界はこの感染爆発に対応出来ない限界を示した。

武漢ウイルスは世界を変えるキーとなるか。

知恵者たちの卓見を発信するスレになることを期待する。(管理人)
99:亀さん:

2020/04/26 (Sun) 19:06:31

host:*.t-com.ne.jp
金正恩死去を巡る情報が錯綜していて、本当に死去したのか、あるいは〝お隠れ〟になったのか、未だに最終的な判断はつかない。そこで、一本の動画と記事を比べてみた。

■動画
金正恩はどこで何をしてる?(2020.3.15)
https://www.youtube.com/watch?v=D0aZbJui_xQ

この動画は、度々紹介しているジャーナリストの李相哲氏の動画だ。この動画で注目したのは李氏の写真に絡む解説で、少なくとも李氏は写真に写る金正恩は本人であり、合成写真ではないという前提で解説を進めている。

■記事
写真が如実に示す北朝鮮の異変
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60253

一方、上掲の記事を執筆したのは筆者は西村金一氏、元情報本部のプロの情報分析官だ。注目すべきは、李氏が動画で取り上げていたのと同じ写真を、やはり西村氏も取り上げている点である。
https://jbpress.ismedia.jp/search/author/%E8%A5%BF%E6%9D%91%20%E9%87%91%E4%B8%80

同氏の過去記事には、写真をベースに情報分析を行った記事が数本ある。たとえば…

ウイルスに怯える北朝鮮の証拠写真
軍人や側近の前に姿を現さなくなった金正恩
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59694

北朝鮮、潜水艦発射ミサイルは真っ赤な嘘だった
写真と動画の分析から次々明らかになったトリック
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58606

-----------

どうやら、写真に〝強い〟情報分析専門家だということが分かる。小生も「フルベッキ写真」を、数年にわたり元慶応の高橋信一先生と一緒に、調査を精力的に進めたという過去があり、旧ブログでも大量の記事をアップしている。
http://pro.cocolog-tcom.com/edu/cat4229856/index.html

そして、写真の分析にあたっては、単に写真の技術的知識だけではなく、当時の時代背景、政治、経済といった幅広い知識、現地調査、写真の鑑定眼等が必須だ、と作業を進めながら痛切したものである。


西村氏に話を戻して、同氏は自衛隊出身ということから、同氏の記事には嘘はないと小生は判断しており、西村金一氏が解説している合成写真説、ほぼ間違いないだろう。

問題は、何故に北朝鮮は、プロの情報分析家の手にかかれば、簡単に見抜かれてしまうような合成写真を発表したのか、北朝鮮の単なる写真知識不足だったのか、それと他に理由があったのか…。また、何故に西村氏は同記事を発表したのか(発表の意図)、我が国の安全に問題はないのか、そのあたりを各々追求していくと、さらに多くの事実が浮かび上がりそうな気がするので、いずれ着手してみたいと思っている。

ともあれ、金正恩は本当に死去したのか、あるいはお隠れになったのか、極端に言って今の段階ではどちらでも良く、要は、今回のコロナ騒動後に誕生するであろう、新しい時代の入口に我々が立つまで、金正恩死亡の真偽のほどが明らかにならないことを祈るばかりだ。



亀さん@人生は冥土までの暇し

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.