★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63721939

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


気が向いた時に有益そうな健康法を語るスレ(4)

1:ハリー今村 :

2020/08/01 (Sat) 21:34:34

host:*.tokai.or.jp
ひとには生老病死の四苦がある。生まれ、老いて、病にかかり、死ぬがひとの定め。

しかしいつの時代もひとは健康を望む。では健康とは何ぞや?

健康とは病にかからない事か。いや病にかかるがひとの定めなら

病も含めての健康だろう。ひとは時に病にかかり、時に病を克服し、

我が身と対話して自分の体調を知る。また時にひとは自分の病と

一生涯付き合う事もある。病も身の内。

病と共に生き、病と共に健康の道を目指す。

そんな営為の中から自分独自の身体調整法、

オリジナルの健康法が創出されるはずだ。

自分オリジナルの健康法が確立された時、

きっと真の健康を体感するだろう。

生老病死の只中にあってなお健康を勝ち取るために

ざっくばらんに皆様と共に健康や医療を語り合いましょう。
91:ハリー今村 :

2020/08/14 (Fri) 15:51:36

host:*.spmode.ne.jp


ちょっと マジで書くけど

いやさ ワクチン ワクチン って

こんなに ワクチン欲しがるの 人間だけよ

そもそも 人間以外の生き物は 家畜やペットを除いて

全くワクチンとは無縁 

で そんじゃあ 今盛んに木にくっついて鳴いてるセミや

ヒラヒラ飛んでる蝶々 鳥獣草木虫魚たちは

常にゲホゲホ咳き込んだり 熱出して唸ったり

心臓発作でバタバタ倒れたり

コロナウイルスに罹患して苦しんだり しているのか

と言えば 見ての通り そんなヤワな生き物は皆無

ワクチン無しで人間以外は普通に生きられる

なのに なんで 人間だけがワクチンを打たないと

生きられないのか いや だからさ つまり それが思考停止

ただ ワクチン打たないといけない

ワクチンを打てばウイルスから身を守れる と洗脳された結果

そこで思考が停止してしまったというだけ

何で人間だけがワクチン打たないと生きられなくて

何で人間以外の生き物はワクチン無しで平気なのか

という疑問を発し 想像力を巡らせて

昆虫の免疫やタコやアメフラシやヒトデの免疫は

いったいどうなっているのか と調べていくと

これまでに見たこともない景色が見えてくる

ヒトデに薔薇のトゲを刺すとヒトデの体内から薔薇に刺された穴に

集まってくる細胞がいる事をロシアの生物学者メチニコフが百年以上前に

顕微鏡下に発見した これが食細胞 

自然免疫の立役者にして獲得免疫を動かす司令塔

免疫の真のボス ファーストボスにしてラストボス

全ての免疫の鍵を握るマクロファージの発見だった

しかしここ100年間 医学における免疫研究の比重は

もっぱら抗体産生のステージ 獲得免疫系のみに注がれて

マクロファージらの自然免疫系はずっと みそっかす 鼻つまみもの

明後日出てこい とガン無視され スルーされてきた

それはワクチン神話を強化し 

ワクチン利権を守ろうとする政治的バイアス 至上命題があったから

マクロファージの真の実力を知れば わたしたち人間にも他の鳥獣虫魚と

同等の優れた免疫力が宿る事を思い知る

この事を知られるのを何としても妨害したかったから

マクロファージは免疫学の日陰者にされてきたのだ

高橋泰教授の 日本人の98%はコロナを自然免疫で退治できる

の発言はそういう意味では 実に画期的な免疫学会 医学界

医療利権をひっくり返すような宣言

しかし ゆえに ここから何が何でもこのような言説を

一般人が容認しないように医療利権はあらゆる妨害を仕掛けてくるだろう

既に岩○なる人物が茶々を入れている節が見受けられる


という事でマクロファージが私たちの味方





  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.