★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65144750

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


投稿者削除

1:(削除) :

2021/09/04 (Sat) 09:10:32

host:*.kcn.ne.jp
(投稿者により削除されました)
661:mespesado :

2022/05/10 (Tue) 10:56:04

host:*.eonet.ne.jp

 はぐらめいさんの『移ろうままに』の最新エントリーを読みました↓


https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2022-05-10


 石原莞爾『最終戦争論』の質疑応答部分です。

 この賢人による未来予測として述べられていること、実に深い内容に大変

驚きました。そして、その予測と実際に生じた現実との違いは何なのか、と

いうことに興味が出てきました。

 石原莞爾は、この数十年後までに東亜と米州の間に最終戦争が起きる、と

言い、その戦争の何が本質なのかを縷々述べています。一方現実の方は、実

際に大東亜戦争という東亜と米州の戦争は起きたけれど、それが最終戦争と

はならず、その後の東西冷戦を経て、今日では最早国家対国家の戦争は本質

ではなく、黒い貴族対一般人類の間のステルスな「認知戦」というフェーズ

を迎えています。では、石原莞爾の予言は外れたのか、というと、どうもそ

ういうことではない。石原莞爾の解説は一々尤もであり、最後の方(第14

問)の質疑で「最終戦争の必然性を宗教的に説明されているが、科学的に説

明されない限り現代人には了解できない」などという質問があったというの

が信じられない。石原莞爾の解説は、その一つ一つが完全に科学的かつ論理

的であって、どこが「宗教的」な説明だんだろう、と首をかしげたくなるく

らいです(当時の人々の科学とか宗教というものに対する認識の浅さのせい

でしょうか?おっと、これは現代の人々の認識だってそれほど変わりはあり

ませんね)。それじゃあ、石原莞爾の予言と現実に起きていることはどこに

その乖離の原因があるのか、と改めて考えると、それこそが >>654 の演説

の中に答があるような気がしてきました。そう、「DSの存在」です。石原

莞爾は、亜寒帯、亜熱帯、熱帯の民族の違いというものに注目して西洋文明

と東洋文明(それもインド・中国・日本を別々に)の違いを説明してきまし

た。しかし、それだけでは説明できない要素として、参政党の演説に言うと

ころの「騎馬民族の残酷さ」というものがある。彼らの残忍な計略やら認知

戦により、日本を真珠湾攻撃に向かわせ、共産主義革命を唆して東西冷戦構

造を作り、民族国家の中にゲリラ的に反政府なナンチャッテ民主革命を引き

起こして9.11を引き起こし、今や製薬業界を乗っ取って人口削減計画を

実行し、ロシアをウクライナ侵攻に向かわせる、という一連の計略を実施し

たわけですが、こういう「血も涙もない」ことをやらかす勢力の存在までは、

「亜寒帯、亜熱帯、熱帯の民族の違い」を中心とした文明論では予測がつか

なかった、ということなのではないでしょうか。

 とはいうものの、更に広い視野でモノを考えると、人類の落ち着く先や如

何、という観点では石原莞爾の予言はまだ十分考慮する価値があり、その根

本は間違っていない、という感想を持ちました。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.