★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63749009

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


飲尿獣医の屋根裏部屋〜3

1:飲尿獣医 :

2021/12/27 (Mon) 04:27:37

host:*.ccnw.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1640546857.jpg
ー移転のご案内ー w

難病の犬猫、更には人に尿療法を!
その強い思いに、導かれ
ココにやって来た動物病院の獣医です。
小動物臨床に携わって45年
今までの経験、そして現在を
勝手気ままに呟きます。

今だに見誤った看板を自分のブログに掲げている人がいるので
飯山さんからいただいたメールをここに再掲します。

From: 飯山一郎
Sent: Friday, May 12, 2017 12:17 PM
To: Minoru Sakuma

ども!飯山一郎です.
色々あったとしても,元気そうで何よりです.
私も,元気一杯!色々『放知技』に書き込んでます.
あなたもタマには,存在証明かたがた何か書き込んで下さい.
これは↑↑命令です(爆)
ではまた.
飯山一郎 拝
351:mespesado :

2022/06/12 (Sun) 10:28:16

host:*.eonet.ne.jp

>>350

> 宇宙飛行士はその目でハッキリと
>「地球は青かった」
>「地球は丸かった」
> と認識したのでは、、


 地球平坦説界隈では、もちろん、ガガーリン大佐はウソツキ呼ばわりして

いると思われますw

 ちなみにWikiでも取り上げられているように、彼は最期に突然の事故死を

遂げており、その原因を巡って陰謀論もあるようです↓


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3


 で、私自身の興味から言えば、誰かをウソツキ呼ばわりしたり、アポロの

件で捏造だったとするような説は「面白くない」ことは確かです。これは、

「そういう説が蔓延るのは不愉快だ」という意味ではなく、単純に、物事の

カラクリを観察結果と論理のみによって演繹して解明するという行為が個人

的に好きなので、それとは違うこのテの「解決案」が、自分の知的好奇心を

満足させられないからつまらない、というだけの話です。

 で、このような気質は実は多くの科学者も持っているらしくて、しかしそ

れがしばしば研究の障害になってるんじゃないかな、と思うことがあります。

それは、スピ系の人がしばしば言及する「進化論」における「宇宙人介入説」

についてです。多くの科学者は、「過去に宇宙人がやってきて、類人猿の遺

伝子を操作して現代人を作った」というそのテの仮説を「生理的に」嫌いま

す。なぜかというと、科学者の「職業病」として、「すべての物理的現象を

小数の普遍的な法則と発掘などの物的証拠と宇宙やミクロの観察結果をもと

に、論理の連鎖だけで解明するのが楽しい」というのがあって、地球人が今

日の姿に進化した事実をこのような方法「だけ」で解明しないとスッキリし

ないのです。ですから、「宇宙人が介入して人類は今の姿になったんだ」と

いう説を聞くと、「じゃあ、その宇宙人とやらはどうやって進化したの?ま

さか神が創造された、とか言わないよネ。そういう解決方法は地球での進化

のメカニズムの解明を、他所の星で起きた進化のメカニズムの解明にすり替

えただけの話で、メカニズムとしては何も解明が進んだことにならない。そ

れじゃ意味ないよ」と言うわけです。実は昔の私がそういう意見の持ち主で

した。でも「意味ないよ」とはどういうことか?これは単に自分の解明方法

と違う方法論に対する単なる拒絶反応でしかないのではないか?なぜなら、

実際に宇宙人が地球に到来して、遺伝子操作を行ったという事実が過去にお

いて現実にあったかもしれない。「それじゃ他所にすり替えただけ」であろ

うがなかろうが、現実にそういうことが起きたかもしれないということが否

定できたわけではない。それならば、可能性として心に留めておいてもかま

わない、というか、逆にそのような論理的にはあり得る選択肢をテメェの方

法論の好き嫌いのメガネに叶わなかったからというだけの理由で捨てちゃい

けないんじゃないの?というわけです。そういうわけで、何でも科学で解明

しようとするのはよいが、そこに、実はその根底の「研究動機」みたいなと

ころでバイアスがかかってるんじゃないの?ということは常に心しておかな

ければならないのではないか、と今の私は思い直していまして、ですから、

いわゆる正統派の「進化論」も、宇宙人による遺伝子操作説も、今ならどち

らも大歓迎ですw

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.