★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63677575

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


飲尿獣医の屋根裏部屋〜3

1:飲尿獣医 :

2021/12/27 (Mon) 04:27:37

host:*.ccnw.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1640546857.jpg
ー移転のご案内ー w

難病の犬猫、更には人に尿療法を!
その強い思いに、導かれ
ココにやって来た動物病院の獣医です。
小動物臨床に携わって45年
今までの経験、そして現在を
勝手気ままに呟きます。

今だに見誤った看板を自分のブログに掲げている人がいるので
飯山さんからいただいたメールをここに再掲します。

From: 飯山一郎
Sent: Friday, May 12, 2017 12:17 PM
To: Minoru Sakuma

ども!飯山一郎です.
色々あったとしても,元気そうで何よりです.
私も,元気一杯!色々『放知技』に書き込んでます.
あなたもタマには,存在証明かたがた何か書き込んで下さい.
これは↑↑命令です(爆)
ではまた.
飯山一郎 拝
465:飲尿獣医 :

2022/08/15 (Mon) 12:32:34

host:*.ccnw.ne.jp
(前に書いたか忘れたがw)
私の書き込みを読んだ時だと思う。
飯山さんは「鷲は運命論者でない」とハッキリ仰られた。
私は(ココで何を学んだの鹿w)放知技に来て運命論者となった我也w

(自分の父親と同じで)私は妻がいないと何もできない人間である。
さださんの歌じゃないが、彼女が私より先に死んでもらっては困る。
彼女の両親、祖父、皆胃癌を患った。
私はそういう家系だと思い、将来妻も胃癌になるかと心配した。
だから尚更、妻には飲尿して欲しいと願った。
しかし、ここ何年も観てきて、彼女がそれを出来ない人だと分かった。
目の当たりにする(獣医なら実感出来る)奇跡の症例も、妻には偶然のことに見えるらしい。
ホント、そこの所がよく分からない。
コレが感性の違いというもの難だろう。
今回のコロナの件でも(2020.1の3日間寝込んだ酷い風邪?の時もそうだったが)
「(飲尿している)俺だけがどうってことない!」と
自慢めいて語っても(チャクラ〜くんと同じで)心に届くことはない。

鹿死、私はもう確信している。
神さまを信じている。
私の父母がそうであったように(母が死の床から蘇ったように)
『妻は私より先には死なない』と
互いの強い思い、願いは共鳴しあって、叶うものと、、
(ダイブ、転ション高い我也w)

(意識せざるを得ない年齢にはなったのだが)
平均寿命とか、平均余命なんてもの
私には意味を持たない我也w

P.S.亀さん、参政党の8/8の記者会見で、
飯能市が全国に先駆けて地方議会で、参政党の会派ができたとやってました与。
前、亀さんが紹介された議員さん太刀なんでしょうネ。
切れ味鋭い議会での活躍を期待するものです。
羽倉明山も、チガッタw、はぐらめいさんもご活躍下さい。

暑い中での、79歳の武田先生の頑張りには私も感動、応援しておりました。(あと少しでしたネ)

P.S.⑵飲尿してても癌になった人は何人か知っている。
昨年6月の尿会に出席され、その翌月に亡くなられたSさんも胃癌だった。
しかも、徹底したベジタリアンであった。
(なる人はなる、そういう運命なんだと思う)
懇親会で私の横に座り、娘さんの将来の事を語ってくれたのは後になればそういう事だったのか、と思ったのだが
1ヶ月後に亡くなる人とは信じられない程、お元気だった。
自宅で亡くなる前日にも自ら入浴されたと聞かされ、LINEグループに送られて来た亡くなられた後のお顔もそれは美しく
窶れた様子も無い穏やかなものだった。
飲尿効果は間違いなくあったと私は思っている。。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.