★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65434463

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


しとりごと(独言) 第3部

1:猿都瑠 :

2022/02/11 (Fri) 12:43:48

host:*.au-net.ne.jp
飯山一郎

さすらいの旅人氏が「もう一つの独り言スレの邪魔をしないようにと」つくったスレ…、
『しとりごと(独言)』スレ。その第三部です。(スパムはジャンジャン消します!)

第二部は足掛け8年半の息の長さでしたが、今回は2030年まで続くのか。

では、どうぞ!
173:mespesado :

2022/10/22 (Sat) 08:52:08

host:*.eonet.ne.jp

青山繁晴議員が『脅されている』!?
/安倍元総理暗殺を追求する唯一の政治家が示す国家の姿
https://maltwhisper.com/kyouhaku/


> 日本の歴史において、絶対風化させてはならない事件が『安倍元総理暗
> 殺事件』だと直感しています。情けないことに、現在政治家の動きとし
> てこの事件に向き合っているであろう人物が青山繁晴議員しかいない状
> 況です。感染症とロシア問題では信用できないと私が判断している議員
> が見せてくれているものが何かを、今は継続ウォッチするしかありませ
> ん。


 そのとおりで、青山さんの事実把握センスには疑問があるものの、こと安

倍氏暗殺問題だけは唯一頑張っているのが不思議ではありますが、問題を風

化させないためにも続けて欲しいものですね。ただ、当初「警察はウソを言

っていない」旨の感想を述べておられたけれど、これこそ「事実把握センス

には疑問がある」弱点がこの問題にも出て来ていて、恐らく警察も上層部が

ウソを言っていて、青山さんがやり取りをしたような下層の職員は正直だと

いうことの反映でしかないと思うのです。


> 要点は、『戦後レジーム』の基本は、日本国の封じ込めだったわけです
> が、現在から未来に起きていることは、その日本国の封じ込めに、さら
> に、日本人(人民)の封じ込めという世界的なアジェンダが加わったと
> いう認識です。

> そこで重要になってくるのが、『戦後レジーム』で必要だった「日本国
> 憲法」が、人民の封じ込めというアジェンダに対して邪魔になったとい
> う理解です。その邪魔な部分とは、『基本的人権』を保証する条項であ
> り、それを取っ払って、さらに彼らが支配する時の政府に最高の権限を
> 付与するための『緊急事態条項』が創設されようとしているのが足元の
> 状況だということです。


 そうなんですよね。今のようなDSの露骨な戦略が露呈する前は、保守勢

力がGHQの押し付け憲法を改正すべきだと主張していたのは正論であり、

GHQによる戦後レジームに洗脳されていた日本のサヨク勢力がこれに反対

していて、当時は「サヨクは消えればいいのに」と思っていましたが、現在

は、DSの戦略に気付かないタイプの保守改憲勢力に対して護憲サヨクの反

発が(彼らの思惑とは違うものの)うまい具合に奏功していて、例えばDS

の清和会潰しの為の計略だったはずの「統一教会批判」にサヨクが乗っかっ

て、「自民党の改憲案は、あの(悪い)統一教会が作っていた案そのものだ

った」とスクープして国民に自民党改憲案に悪印象を与えることに成功して

護憲の雰囲気を引き起こしてくれました。DSも日本のサヨクも禄でもない

存在であることは確かですが、彼ら同士が思わぬところで潰し合いをして、

結果的に日本国民が救われる ― 今後もそのような出来事は様々な場面で出

てくるでしょう。もっとも、あまりこういう「僥倖」に期待してもいけない

が、かといって、バカ正直にDSやサヨクのケシカラン部分にイライラして

反対を叫ぶのも、精神衛生上もよくないし、このような「反対」を叫びたく

なる感情の高ぶり自体が、まさに善悪の二元論に絡め捕られることになって

しまい、精神の開放から遠ざかってしまうということにも留意する必要があ

るでしょうね。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.