★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65598186

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


しとりごと(独言) 第3部

1:猿都瑠 :

2022/02/11 (Fri) 12:43:48

host:*.au-net.ne.jp
飯山一郎

さすらいの旅人氏が「もう一つの独り言スレの邪魔をしないようにと」つくったスレ…、
『しとりごと(独言)』スレ。その第三部です。(スパムはジャンジャン消します!)

第二部は足掛け8年半の息の長さでしたが、今回は2030年まで続くのか。

では、どうぞ!
221:mespesado :

2023/06/17 (Sat) 10:21:55

host:*.eonet.ne.jp

https://www.sankei.com/world/news/210516/wor2105160014-n1.html
エマニュエル駐日米大使の人事案、身内の民主党から強い異論


↑これまた2021年5月、エマニュエル大使指名直前の頃の「産経新聞」

の記事なのだが、この中で、民主党の中の、エマニュエルを「大企業寄りで、

人種差別や格差の解消などの社会問題に関心がない」と批判する勢力を「急

進左派」と呼び、「同盟重視を含め」たバイデン一派を「中道穏健」と呼ん

でいる。今の感覚からすると、「何じゃこりゃ?逆だろう?」とも思えるレ

ッテルだが、もともと大企業の横暴を批判していたのがサヨクの特徴で、当

時は「大企業である」というだけで「庶民から搾取するカネの亡者」とレッ

テルを張り、要するに己のルサンチマンを隠すためのタテマエだった。これ

に対してウヨクは「人間のインセンティブを奪ってはいけない。例えカネ儲

けが目的でも、その行動を人為的に規制すれば活力源を失ったり、また、規

制する側が暴走して別の支配権力者になってしまう」と主張していたものだ。

ところがその後、「大企業」というカテゴリーは、ビッグテックやらビッグ

ファーマなどが世界の支配層としての振る舞いが酷くなってきて、動機こそ

異なるが、当時のサヨクの訴えていた弊害が新たに現実になって来てしまっ

た。かつては「大企業」とそれを規制する「支配層」は別の存在であり、資

本主義国家では後者である「政府」は企業活動を邪魔しないようにと「小さ

い政府」を目指す「新自由主義」的な政党もあったり、一方の共産国家では

支配層は「共産党」として唯一正当な「政府」として国家に君臨していた。

でも、「大企業」と「支配層」は別の存在だったけれど、今や両者は「同一

の存在」となってしまっている。ロックフェラー登場の頃からこれは実は彼

らの計画していた路線だったようだが、最近になってその路線を突っ走る程

度が露骨になっている。

 最近になってふと思ったのだが、今のNWOというか「世界政府」って、

かつての元帝国とか世界に大きな版図を広げたナントカ大帝国と同じなんじ

ゃないかと。歴史上の大帝国は、その発展の中で小国を次々に滅ぼして併呑

して出来上がった。今のNWOも、その版図が世界の陸地の一部ではなくて、

世界の陸地の全部に置き換わっただけ。つまり「世界帝国」。「でも昔の大

帝国は武力を使ったから違うのでは」と思うかもしれないが、今は兵器が進

歩し過ぎて昔と同じように武力を使って版図を広げようとしたら核戦争にな

って地球それ自体が廃墟になってしまうから、武力ではなく「情報戦」と、

それの進化系である「認知戦」を使って版図を広げようとしているだけ。だ

から中世までの大帝国と本質は同じ。世界史の授業で昔の大帝国を知った時

は壮観だなぁと何かカッコイイ感じしかしなかったけれど、これが今のNW

Oと同じことかと思うと、昔の感覚も、逆に今のNWOを見て「ヤツラがケ

シカラン!」と思う気持ちもどっちも「何だかなぁ」と思えてきてしまう。

どちらも、その時々の支配能力ある人物が本当に支配を実行してしまったと

きに出現したわけで、そういう意味では人類が「支配欲」を持っている限り、

このような世界支配が起きようとするのはある意味必然でしかない。それを

防ごうとするなら、一般人民の「人類の支配欲を昇華させてしまう」ような

大いなる「覚醒」が起きる以外に方法は無いのだろう。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.