★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65433524

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


しとりごと(独言) 第3部

1:猿都瑠 :

2022/02/11 (Fri) 12:43:48

host:*.au-net.ne.jp
飯山一郎

さすらいの旅人氏が「もう一つの独り言スレの邪魔をしないようにと」つくったスレ…、
『しとりごと(独言)』スレ。その第三部です。(スパムはジャンジャン消します!)

第二部は足掛け8年半の息の長さでしたが、今回は2030年まで続くのか。

では、どうぞ!
255:亀さん:

2023/09/05 (Tue) 01:15:58

host:*.t-com.ne.jp
>>254

> 突然!ジミン寄りへ急傾斜したのは、何故でしょうか?

anker-zさん、実に良い質問です。

最初に、飯山さんが「突然!ジミン寄りへ急傾斜した」理由について、ご本人が「放知技」あるいは「てげてげ」に、その理由を赤裸々に述べていますので探してみてください。

さて、「突然!ジミン寄りへ急傾斜した」経緯ですが、安倍晋三の肚を識った放知技の一部メンバーが、飯山さん本人に安倍晋三の肚を直接訴えたところから事は始まりました。その後の飯山さんは、二~三日かけて真剣に自問自答を繰り返した結果、「突然!ジミン寄りへ急傾斜した」わけです。なを、この一連の動きに関して、小生は一切関与していませんでした。

確認すれば納得いただけるかと思いますが、飯山さんの「転向」は、何処ぞの5chが叫んでいるような、「ネトウヨ化」あるいは「右翼化」したといったような、単細胞的なモノでは全くありませんでした。さらに付言するとすれば、「突然!ジミン寄りへ急傾斜した」と言うよりは、「突然!安倍晋三寄りへ急傾斜した」と表現した方がより正鵠を射ています。

では、何故に飯山さんは悩んだ末に自身の安倍晋三観を変えたのか? というあたりも、過去の放知技やてげてげを一つ一つ確認の上、anker-zさん自身で判断してください。

政治の世界は魑魅魍魎が跋扈する世界であり、我々のような一般人には到底理解の及ばない世界です。そのような世界で安倍晋三は生きていました。このあたりを深く理解している識者の一人が、馬渕睦夫元ウクライナ大使でしょう。何かの動画で元大使は、「DS(ディープステート)の利益の為に49%、残り51%を日本の国益の為に行えば御の字」といった旨の発言をされていますが、この言葉の意味するところを何処まで肚でわかるかによって、個人個人の政治観が決まるのだと思います。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
254:anker-z :

2023/09/04 (Mon) 15:41:00

host:*.plala.or.jp
亀さん
こんにちは


多岐にわたる情報をありがとうございます
存じ上げない方々やサイトですが、機会を持ってなじんで行きたく思います。

この機会に、と言ってはナニですが、飯山一郎元サイト主催者氏は、晩年(?)、
突然!ジミン寄りへ急傾斜したのは、何故でしょうか?
小生、どうもその頃からグルんパ離れになった記憶があります。

当時は、有機農法で野菜栽培をしており、飯山氏の乳酸菌培養方法を参考に
させていただいた記憶があります。
253:亀さん:

2023/09/04 (Mon) 00:40:18

host:*.t-com.ne.jp
>>251-25
anker-zさん、コメパンについての情報を有り難う。小生も市販されている小麦パンは、極力避けるようにしています。だから、パンに限らず、たとえば油も今では米油一本槍です。


> 渡辺京二

小生は十代の時に日本を飛び出し、三年近く世界を放浪していたバックパッカーでした。帰国後も二年ほど国内を放浪、漸く落ち着いたのが24歳になって本田技研に入社した時でした。

海外を放浪する前は、本多勝一や小田実といった人たちの著作を熟読したものだし、それが藤原肇というフランスかぶれと決別するまで続きました。決別した切っ掛けは、栗原茂、山浦嘉久、天童竺丸といった人たちと交流を持つようになったからで、爾来、己れ自身の日本(日本精神)を取り戻すという修行が始まった次第です。その後は飯山一郎、馬渕睦夫、武田邦彦、小名木善行といった日本精神を体現している人たちを知り、その集大成となったのが、渡辺京二の『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー)でした。
日本精神と明治維新
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1905.html

体得した日本精神を後進に遺す、これがブログを書き続けている最大の理由です。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
252:anker-z :

2023/09/03 (Sun) 17:44:48

host:*.plala.or.jp
続きます、

コメ粉パンは、国民食の「お米」を食べることもさりながら、
「リーキーガット症候群」を避けたい、がためです。

この頃の小麦は、収量を得るため、品種改良に次ぐ改良、遺伝子組み換えやら多量な化学肥料の使用、
或いは防腐剤使用等、およそ「食料」の扱いがされていないようです。

小麦に含まれるグルテンは腸で消化吸収されるとき、腸壁へ張り付きはがれにくい状態で、最悪アナが
あき、細菌や毒素などの有害物質まで体内に取り込んでしまうことになり、さまざまな症状を
引き起こしてしまう・・、
http://clinictakeda.com/15378672396846

厚生省や医師会もあんまり問題視してないようですが、チューブでつながれ状態での、長生きは
したくない、そんな思いからもコメパンがいいかも!、と始めた次第です。



251:anker-z :

2023/09/03 (Sun) 16:17:11

host:*.plala.or.jp
こんにちは

渡辺京二氏のことは存じ上げませんでした、
偉くて、権力を持ったヒトでなく、すぐれた人格者の方とおみうけしました、
少しく遅まきながら、一端に触れたく思います。

武田邦彦さんは、ご本人がブログを書いていたときに、以前、記事等へコメントすると
律儀にご返事をいただくことがありました。
また、近頃は、40,50代の複数の現役世代で、某サンセー党への支持を表明する
動きが身近にあり、時代が動いている実感を持ちました。


米粉パンは、意外とハードルが高いですね。
通常の小麦パンは、グルテン(小麦粉タンパク質の粘り)の働きで発酵ガスを生地に閉じ込める
ことで膨らむワケですが、コメにはグルテン含有が極めて少ない、なのでイーストの力だけでは
生地膨張が得にくい、まあ、その辺がオモシロイわけですが・・要・研究継続でっす・・

250:亀さん:

2023/09/03 (Sun) 02:30:14

host:*.t-com.ne.jp
可笑しいな、渡辺京二以降が反映されない・・・


https://www.youtube.com/watch?v=UXRuq_wdKPA


> この頃は、自分も生産は無理でも、米粉を応用してパンやうどんを
> 試作しています。

今度、レシピの公開を期待しています (*~~*)


今まで、anker-zさんの投稿には注目していましたが、ここにも武田邦彦氏の云う日本人の心を持っている人がいるなと思っていました。
【武田邦彦】訃報
https://www.youtube.com/watch?v=QuKlPIarp5U

渡辺京二の『逝きし世の面影』、いつか語り合いたいですね。
飯山一郎の“新日本建国神話”第8話
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1437.html



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
249:亀さん:

2023/09/03 (Sun) 02:27:33

host:*.t-com.ne.jp
尻切れトンボでした。再投稿します。


>>247

anker-zさん、

> 農業の構造を抜本的に切り替える時期ではないでしょうか、

御意。その意味で最近注目しているのが、堤未果さんの農業関連の著作や動画、そしてアスパラ屋仁左衛門さんの一連の動画です。
アスパラ屋仁左衛門
248:亀さん:

2023/09/03 (Sun) 02:25:34

host:*.t-com.ne.jp
>>247

anker-zさん、

> 農業の構造を抜本的に切り替える時期ではないでしょうか、

御意。その意味で最近注目しているのが、堤未果さんの農業関連の著作や動画、そしてアスパラ屋仁左衛門さんの一連の動画です。
アスパラ屋仁左衛門
247:anker-z :

2023/09/02 (Sat) 12:08:47

host:*.plala.or.jp
亀さん、こんにちは、

確かに「こめ」は有望ですね、
生産から消費まで、永らく日本人のイノチを支え続けてくれています。
しかも輸入大国・日本の数少ない自給食料ですよね。

減反、減反とひとつ覚えで田んぼをつぶし続けてきた政治です、
穀物は輸入すれば足りるなど、ウクライナ情勢ひとつとって見ても、
自給率の低さは、即、国民経済の緊急事態となる国際情勢です。

農業の構造を抜本的に切り替える時期ではないでしょうか、
現状ではわずかですが、農業組織・規模を法人化にして頑張ってる
若い世代も出てきているようです。

この頃は、自分も生産は無理でも、米粉を応用してパンやうどんを
試作しています。なかなか納得できるレベルのものは未だできてませんが(笑)。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.