★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 64407023

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


しとりごと(独言) 第2部 part2

1:774 :

2022/03/04 (Fri) 13:21:02

host:*.home.ne.jp
【日本語字幕】【閲覧注意】【年齢制限】ウクライナ・オデッサの悲劇

https://www.youtube.com/watch?v=1EZay_KOxJE

20:亀さん:

2022/03/13 (Sun) 12:45:12

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1647143112.jpg
>>19

774さん、今回の動画も良かったし、概ね肯定できる動画だったと個人的に思います。一方、この動画の作者である、Harano Timesさんを批判している動画がありました。
HARANO TIMESさんの動画に異議あり 「オデッサの悲劇」の真実【柏原竜一のインテリジェンス】
https://www.youtube.com/watch?v=OP5rjVCzCC0

小生が柏原氏の動画を見るようになったのは、浙江財閥をバックに持つTSMCと対峙している、深田萌絵さんを応援する同氏の動画を観て以来です。しかし、段々と同氏に対して「何だかなぁ・・・」と、批判的になった自分がいます。このあたりは、いずれ「プロパガンダ 3」とでも題して、ブログ記事にするかもしれません。


さて、上掲の柏原氏の動画に戻ります。

最初に、柏原氏が冒頭で「インテリジェンス能力とは、プロパガンダを見破る力」と述べているあたりは賛同するし、添付した動画からの↑切り抜き↑にもあるように、同氏の謂うところの「確証バイアスの罠」についての意見にも賛成します。

ただ、DS(ディープステート)については、百年単位の時間で追究するべしと主張する柏原氏ですが、天童竺丸さんの『悪の遺産ヴェネツィア』に目を通している身として、百年単位どころか、三千年単位でDSの足跡を辿るべきと考えます。

しかし、最も小生が腑に落ちないのは、文書化されていないものについては、結論を急ぐべきではない、といったことを同氏が主張している点です。その気持ちは分かるのですが、それなら、例として光秀=天海説は何等証拠を示す史料が残っていないという理由で、光秀=天海説を頭から否定するのかと言いたくなります。史料が無いのなら、自分で考え抜くという作業こそが、真のインテリジェンス能力を身につける根本(王道)であり、柏原氏の謂う「プロパガンダを見破る力」は、インテリジェンス能力の一部に過ぎないと思います。その意味で、将来的にも「文書として確定される」可能性が極めて低いからこそ、柏原氏が嫌っている「推測に推測を重ねる」という作業、すなわち自分の頭で考える作業が必要になると個人的には思います。

それから、柏原氏は「出典を明示せよ」とか「タイムラインに注目せよ」とか言っています。それらの点については同意するものの、「オデッサの悲劇が起きたからといって、それがウクライナをロシアが〝侵攻〟しても良いという理由になるのだろうか」と柏原氏は発言しています(12:22~)。つまり、ロシア嫌いの柏原氏、クリミアをロシアが〝占領〟しなかったら、オデッサの悲劇は多分起こらなかったと言っているのですが、それなら以下の動画はどうかと言いたくなります。
2022.3.12【ウクライナ】ウクライナ元首相の告発❗️プーチンはウクライナ東部の数十万の命を救った‼️【及川幸久−BREAKING−】
https://www.youtube.com/watch?v=R_D5aiCBUVM

ウクライナ元首相であるミコラ・アザロフは、親露派という点を差し引いても、同氏の発言内容は信憑性が高いと小生は思います。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.