★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 64763290

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


しとりごと6

1:亀さん:

2022/03/29 (Tue) 05:22:31

host:*.t-com.ne.jp
僭越ながら、小生が新しい板を立ち上げさせていただきます。

前スレ
https://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16580696

やまっち♪さん、シ・サワットさん、vagabundo1431さん、皆さん、あとは4649!
253:mespesado :

2023/01/26 (Thu) 00:29:54

host:*.eonet.ne.jp

2023.1.25【米国】日本が米国債を買わされる【及川幸久−BREAKING−】
https://www.youtube.com/watch?v=svs0SlIzJ-U


↑冒頭で次のフレーズが出てきます↓


# バイデン 金使い過ぎ
# 米政府のお金がない
# 日本が米国債を買わされる


 及川さんはMMTに批判的なので、正しい貨幣論の観点からは?ですから

正しい貨幣論の言葉に翻訳すれば、


※ バイデン 国債発行し過ぎ
※ 米政府が国債を発行しようとしても買い手が無い
※ 日本が米国債を買わされる(ここは翻訳不要)


となるわけですが、こと米国の場合には日本と異なる事情があります。

 この動画によると、米国債の主な買い手である「商業銀行」「外国政府」

「FRB」が、いずれも米国債を買わなくなった、というのです。

 及川さんは米国債だけでなく世界中同じで日本の国債も買い手が無いと言

っていますが、これって「投資家目線」でしかないですね。

 日本国債は途中で商業銀行を経由する必要はあるけれど、最後は日銀が買

えばよい。なぜなら日銀は日本政府の子会社だから。つまり日本では「国債

が買い手が無くて発行できないということは原理的にはあり得ない」のです。

 では米国債はどうかというと、FRBは米政府の子会社ではなく民間なの

で、(国際金融資本の思惑として)米国債をわざと買わないことができる。

 そして、次に商業銀行が買わない理由は「米ドルの価値が無い・無くなる

と判断したから」でしょう。それは、日本では国民に円をバラ撒けば、日本

の消費者は品質の良い日本製品を買うので、円が日本国内で循環し、景気は

上昇します。ところが米国で国民にドルをバラ撒けば、米国の消費者は品質

の良い外国製品を買うので国内の生産者は潤わず、単に貿易赤字が積み上が

るだけです。動画の中で及川さんは「世界で最も信頼性の高い米ドル」と発

言しているけれど、実際は米ドルの価値はドル圏の生産供給能力に裏付けら

れているのではなく、基軸通貨であることによって石油にペッグしているか

ら価値を維持しているだけであり、昨今は、「非米国家群」による中東の石

油の取引にドルを使わない動きが見られるため、この価値の維持に疑問が生

じているわけです。これは「外国政府」による米国債の購入にも言える話で

すが、こと日本政府に限って言えば、米国債を購入して塩漬けにする、つま

り「輸出で稼いだ外貨から輸入に使った外貨を差し引いた外貨取得分はタダ

働き」に喜んで甘んじる超お人好し国民ですから、日本だけは「問題なく米

国債を買える」わけですね。他の国では価値が下落するかもしれない米国債

をタダ働きしてでも購入するほどの生産力の余裕はありませんw。

 以上のように、米国債は日本国債と取り巻く環境が全く異なり、日本国債

では成り立つ現代貨幣論が米国債については成り立ちません(だからこそ米

国発のMMTでは「現代の変動相場制下での不換貨幣の価値は供給力で支え

られている」という本質を突いた真っ当な主張ではなく、代わりに「通貨発

行権を持つ自国通貨建ての国債は破綻することはあり得ない」という一種微

妙な言い方をせざるを得ないわけですね。米国政府が本当に通貨発行権を持

っているのかどうかは以上の説明からもわかるようにかなり微妙ですから、

その結果、米国債の破綻があり得ないかどうかも実は微妙なわけです)。そ

の結果、あたかも米国債に限って言えば、偶然ではありますが、現代貨幣論

ではなく(本当は誤りな)「家計脳」で理解した場合と結論においてそう大

きな違いが無いわけです。今回の及川さんの動画は、正しい貨幣論の観点か

らは完全に誤った説明に終始していますが、以上のような理由で、結果だけ

は偶然にも正しいことを主張していることになります。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.