★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63726990

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


混沌に希望を見出す賢者の発信スレー42-

1:堺のおっさん :

2022/06/29 (Wed) 13:52:48

host:*.enabler.ne.jp
これまでの概念では説明がつかない大きな変化が起こっている。

プーチンの起こしたこの変化は、私自身も気づくのに相当な時間を要するものだった。

歴史は繰り返すのだが、同じシナリオは用意されていない。

問題は一人一人がその変化にどう向き合いながら自己の指針を見出していくのか。

さあ、大いに語り合ってくだされ。
103:堺のおっさん :

2022/07/10 (Sun) 11:03:28

host:*.enabler.ne.jp
山上が事実上の実行犯なのか

それともただのダミーなのか

ようやく、この事件の実行犯は山上ではないという証拠も出そろいつつある。

ここにこそ、安倍氏暗殺の肝がある。気付きの出発点である。

SPは2発目の前に防弾版のカバンを山上と安倍氏の間にかかげているし、

警備が手薄であったという「反省」に集約されそうな流れだが、

手薄であったのはそれこそ後方ではなく、1発目に誘われて

意識が後方に向いた瞬間の前方であることは間違いない。

いずれにしても、物証として肝心要の銃弾が特定されないばかりか…

発見もされていない!

これは永遠に発見されない噴霧器。

選挙カーに銃弾の痕跡があったとの情報はあっても

その痕跡がどのような銃弾で付けられたのかも不明。

もっとも、科学的に検証すれば選挙カーのへこみ具合で

「銃弾」の威力を測定することは十分可能だろう。

人を1発で仕留めるほどの威力の銃弾であれば…

車の薄い鉄板など、凹みでは済まないのは常識だとも思う。

安倍氏暗殺の検証はいずれ心あるジャーナリストがまとめられるだろうが…

肝心の銃弾が特定できない以上…

仮説として葬り去られることだろう。


私も手持ちの情報をもとに近々に現場を訪れて検証してみたい。

メッさん、一緒にやってみない?


さて、一方で、なぜ安倍氏暗殺が実行されたのかという状況証拠も重要。

国内的な情勢と国際的な情勢が絡み、プーチンのウクライナ進攻以前に

世界を戻そうという流れと、新たな枠組みに進んで行こうという流れが

まさに渦巻き状態で、多極化とか民族主義の抽象概念では

残念ながら日本の立ち位置は見えてこない。

少なくとも、安倍氏を失うことで対露関係の修復は大きなカードを失った。

その隙間を埋めようと画策しているのが中国。

実のところ中露関係も同盟関係とは程遠く、

緊急避難的な関係強化が進んでいるに等しい。

ロシアが本当に必要としているのは…どう考えても日本なのだが。

出来ないものはしようがない。

いずれにしても国連も事実上崩壊し、新たな国際関係はいまだ見えてこない。

だからこそ、日本の立ち位置は簡単には決まらない。

裏返すと、これほど自主的に日本の立ち位置を修正していけるチャンスもない。

但し、それは従来の隷属的な日米同盟を基礎とする限り…なすすべがない。

安倍氏が憲法改正と軍事費2%にこだわったのもそのために他ならない。

長文ゴメン。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.