★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 64762327

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


混沌に希望を見出す賢者の発信スレー42-

1:堺のおっさん :

2022/06/29 (Wed) 13:52:48

host:*.enabler.ne.jp
これまでの概念では説明がつかない大きな変化が起こっている。

プーチンの起こしたこの変化は、私自身も気づくのに相当な時間を要するものだった。

歴史は繰り返すのだが、同じシナリオは用意されていない。

問題は一人一人がその変化にどう向き合いながら自己の指針を見出していくのか。

さあ、大いに語り合ってくだされ。
25:亀さん:

2022/07/05 (Tue) 09:58:20

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1656982700.jpg >>22

自己レスです。
__________
ただし、仮に参政党が与党になるにしても、そこに至るまでには十年前後の時間がかかるはずだし、それまでには日本が戦争に巻き込まれたり、食糧難に陥ったり、ハイパーインフレを体験するといった、数々の艱難に遭遇すると思うが、それを乗り越えたら、日本は再び不死鳥のように蘇るはずです
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
現在は一ヶ月半ぶりに、新しいブログ記事に筆を進めていたところですが、最近は多くのYouTubeを削除されている河添恵子女史に、先を越されたなと思ったのが以下の動画です。
【参政党】あの河添恵子が緊急出演!最強の援軍が参政党に合流!まだ目覚めていない人、大至急気付いて!【7月4日 中野ZERO小ホール】
https://www.youtube.com/watch?v=MBL54sWH-pw

■コンドラチェフ・サイクル
小生が>>22で紹介した横森一輝氏、78年周期、つまり↑コンドラチェフ・サイクル↑についての有償動画を、経済クラブで解説しているようですが、小生も30年ほど前に同サイクルの存在を知り、爾来、多角的に調査してきました。加えて、河添女史も上掲の動画でコンドラチェフ・サイクルを取り上げているので、参考になると思います。
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/library/fig/fig04.html

このグラフでは太陽黒点を起因としているようですが、上掲の河添女史の動画にじっくり目を通せば、コンドラチェフ・サイクルも人為的に引き起こされてきたことが判ると思います。

■新円
>>22で、ハイパーインフレについて小生は言及しました。第三次世界大戦に突入した現在、日本はスタグフレーション程度で済んでいますが、グローバリストだった渋沢栄一の新円が登場する2024年には、ハイパーインフレとなる可能性大です。詳しくは上掲の動画で確認してください。

■食糧難
今年の秋から冬にかけて物流が停滞、あるいはそれに近い形になり、食糧の高騰どころか、食糧の入手が極めて困難になる可能性大です。いずれブログ記事にするつもりですが、拙宅でも少しずつ食糧の確保を開始しています。

■日本精神
上掲の引用にも書いたことですが、幾つもの艱難が日本を襲うと思います。それでも、「日本は再び不死鳥のように蘇る」と、今でも確信しております。

ところで、小生は前本スレで行政調査新聞の記事の一部を紹介しています。
__________
円安はさらに進み、 株価も暴落し、巨大地震や自然災害など、幾多の災害も体験するはずだ。それでも日本は、早ければ今秋、たぶん年末、どんなに遅くなっても来春には力強く羽ばたく。その力強さは想像を絶するものになる。失われた30年をわずか1、2年で取り戻し、その先は笑いが止まらないほどに輝く国になる。
その途轍もなく明るい未来を、ぜひ見届けて頂きたい。
https://www.gyouseinews.com/wpj/wp-content/uploads/2022/05/2022052701.pdf
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そして、同記事についての個人的な感想を以下のように書きました。
__________
この記事を執筆したのは行政調査新聞で、小生が長年付き合いのある「まほろば会」の古参とも深い関係がある。実は、記事に書かれているような内容に酷似したものを、ブログ記事にするつもりでいたが、行政調査新聞に先を越された感が強い。

記事で述べられている、ロシアとプーチン評といった細かい点では、多少の異論はあるものの、それでも同記事の結語には心から同意している。ただ、何故に我が国の未来は明るいのか、具体的に書かれていなかったので、補足の形で仕事が一段落したら、急ぎブログ記事にしたいと思っている。
https://grnba.bbs.fc2.com/reply/17289842/943/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本の未来は明るい、という点では行政調査新聞に小生は同意しているが、「早ければ今秋、たぶん年末、どんなに遅くなっても来春には力強く羽ばたく」という行については、果たしてどうかな・・・と思っていました。ちなみに、同新聞の最近の記事を読む限り、「早ければ今秋、たぶん年末、どんなに遅くなっても来春には力強く羽ばたく」という楽観的な見方は消えていました。
世界が同時崩壊!
https://www.gyouseinews.com/wpj/wp-content/uploads/2022/07/2022062501.pdf



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.