★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 63705035

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


安倍晋三暗殺事件の真相を追及するスレ

1:suyap :

2022/07/23 (Sat) 17:27:44

host:*.datapacket.com
このスレは、安倍晋三元首相暗殺事件の真相解明を希求し、その真相を公にすることが安倍氏ならびに彼を支持する日本国民の念願である「日本を取りもどす」ことに繋がると信じる者たちが、情報・意見交換する場とします。

事件発生前、直後、その後の様々な情報のピース、検証、推論を持ち寄り、ここで蓄え鍛えた情報ならびに分析が、思いを同じくする他のグループ、人、団体と繋がり、やがて心ある政治家をも巻きこんだ大きなムーブメントに発展することを願っています。そういったムーブメントに繋がるような方法論も大歓迎です。

したがって、ここは山上某の単独狙撃説をとる者たちが集う場ではありませんし、そのような議論をする場でもありません。にもかかわらず山上某の単独狙撃論を吹っかけ場を荒らす行為があれば、管理人の独断で削除の対象とします。

またここはテーマを「安倍晋三元首相暗殺事件の真相解明」に特化していますので、そのテーマに関わりない内容は、それなりの別スレに書きこんでください。

37:suyap :

2022/07/26 (Tue) 16:01:50

host:*.cdn77.com

メインスレ:
276 名前:堺のおっさん 2022/07/26 (Tue) 10:52:27
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/17349208/276/
からの引用:

>その中で、青山氏は陰謀論ではない、警察は現時点での本当のことを言っている。
>と一見犯人が山上で、ただ未解明の部分があるんだよな…と流しているように
>見えるが、じっくりと視聴すると…
>青山氏の本音は真逆であることがにじみ出ている。
>そう読み取れない人は、ちょっと自身のインテリジェンスを疑ったほうが良い。
>ハッキリしたことは、盲管銃創(出口がない、体内でとどまっているはずの)
>であり、弾丸は存在しないということだけだ。
>しかし、警察は致命傷を与えた現物は無いが、同じものはあると。
>統一教会に打ち込まれたり、宣伝カーにあたったとされる玉の事か
>家宅捜索で押収された玉の事かはわからない。

そうですよね。
私も青山さんが「去る事情により」わざと焦点をごまかしながら情報リークしてくれているのかな、と希望的観測で考えようとしましたが、最後の「DSなんてないっ」の宣言に、彼の今までのキャラを思い出し、だめだこりゃとなりました(笑)

でもこのビデオの中でもうひとつ青山議員が強調していたことは、「警察は真摯に努力している、頑張っている、嘘やごまかしはないと信じる」という点でした。そこで考え直してみると...

事件直後からのメディアの「中村格警察庁長官おろし」祭り:

〇安倍氏銃撃事件をキッカケに「エリート警察官僚たち」の“権力地図”が激変している理由
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/97849
※筆者は元TBSの警察守旧派おヒダリ系

〇安倍元首相暗殺で引責辞任濃厚 “逮捕状握りつぶし”中村格警察庁長官の命運を握る官邸幹部
https://www.dailyshincho.jp/article/2022/07260631/

ここ数年の警察人事を振り返ると、安倍元総理に近かった栗生俊一氏が警察庁長官に就任。その粟生さんが後任に指名したのが中村格現警察庁長官で、栗生さん自身は現在、内閣官房副長官兼内閣人事局長。そして中村格氏のあとに警察庁長官に指名されると見られているのが露木康浩「警護警備に関する『検証・見直しチーム』の責任者」

この栗生⇒中村⇒露木に至るラインは、ず~っと、おサヨク側のメディア&守旧派ケーサツに蛇蝎のごとく嫌われている。

ただひとつの懸念は、後述の北村滋氏とともに、中村格氏も、2009年の民主党時代に内閣官房に抜擢された人物であること。そして第二次安倍内閣になって以降、菅官房長官に非常に近かったとか。まさか10年以上のスリーパーだったってことはないよね(祈)。

それで最後に日本のアイヒマンこと北村滋氏。去年7月、菅政権の終わりも近い時期に突然の辞任後、ほとんどメディアに出ることはなかったが、数日前の日経ビジネスに(口述らしいが)記事掲載されてます:

〇北村滋・前国家安全保障局長「技術を守り、育てるため備えを固めよ」
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00113/00184/

そ、そして、なななんと滋ちゃん、この5月から、

〇「日テレに“天下り”」 元内調トップで安倍氏側近、北村滋・元内閣情報官の転身で波紋
https://news.yahoo.co.jp/articles/12ca085597c98b997977717f686c2e88daa09444

...諜報の世界はwww
でも安倍暗殺事件は高度で錯綜した諜報活動の果ての出来事。
そこら辺の考察を避けてはとおれませぬ。

長々とお読みいただき、ありがとーございました。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.