★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 28748826

top

フクイチの原発事故は人類史上に類例のない激甚災厄だった.民主党政権は何の対策も打たなかった.日本人は文字どおり「命懸けのサバイバル」の日々を過ごした.今も,311直後から吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝で多病多死社会にある.一方「あの重い濃霧が消え,豪雨が止んだ!」という大変化があり,これは「デブリの温度が下がった」「埋め殺し状態!」といえる.天皇も「過去の災害」(記事)と表現した.奇蹟が起こったのだ.(そして,この奇蹟を予見していた者がゐた! 誰なのか?)
不買  不買  不買
2018年は,戌笑う年(相場格言).現実無視の言論が嗤われる年.不可忘沈思黙考,実事求是.
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


『てんや蛙』の『座敷牢』

1:飯山一郎 :

2016/12/05 (Mon) 15:12:39

host:*.ocn.ne.jp
『放知技』の常連諸兄なら,本スレのタイトルを一見すれば一瞬で納得だろう.しかり!本スレは,揚げ足取りやイチャモン,難癖つけしか出来ない「ボロボロ・ウラジミール蛙」こと軒下蛙クンを隔離収容するスレである.軒下 蛙クンは,このスレだけに書くよ~に! ←このルールを破った場合は,アク禁!【管理人】
837: :

2017/02/07 (Tue) 03:21:47

host:*.enn.lu
>>836

明石原人のテープ起こしは面白いなあ。つい話のプロットに引き込まれてしまう。
学説をチェックまでもなく、すっかり古田先生が傷ついた正義のヒーローに見えてくる。

こういう話はお主が書いた通り、たいへん注意を要する危険なものであろうな。

一次情報を書くというのは、命懸けの大変なお役目であること、
察しても察しきれるものではないかもしれぬ。

一次情報は安易に書くと、消される。

古田先生に学説で歯が立たない対立する学者達のこと、
よく読んでみれば見るほど、暗殺の心配もそう的外れではないかもしれぬし、
すぐに名誉毀損じゃと申し立ててくるであろうな。

こういう場合、いっそのことどうであろう?

投稿論文を取り下げて朝日新聞社から出版してしまった古田先生のことだから、
映画「スノーデン」とか「原発ホワイトアウト」のようにフィクション仕立ての
「純・文学小説」として出版したら、ライバルのことをもっとボロクソ書いても
法的問題にならんのざ。論文より小説の方が儲かるであろうがな。

思いっきり怒られるとは思うが、暗殺よりは良いではないか。

本の最初に「このお話は事実を元に構成したフィクションです」
「ドラマ中に出てくる名称は、実在の人物や団体とは一切関係がありません」

とだけ、断っておけば無問題。

恩師への報恩のつもりで進言してみてはどうであろうか?
きっと面白い冗談だと笑ってくださるから。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.