★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 26314604

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.日本国は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル(核燃料の微粒子)による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」 「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは,「デブリが沈み,温度が下がった」 「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言えるだろう.(飯山一郎)
☆耐えた甲斐があった! 日本には大変化が起きている.それは安倍首相が ❶総理官邸から米国戦争屋を追放 ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定締結 ←これは"希望の革命"だ!だが,(戦争屋と原発ムラによる首相暗殺の危険があるため)公表できないが…(知る人の胸に)希望が湧いたことは確かだ. 【注意】「金融資本」は(FC2の)禁止ワードです.

てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


『てんや蛙』の『座敷牢』

1:飯山一郎 :

2016/12/05 (Mon) 15:12:39

host:*.ocn.ne.jp
『放知技』の常連諸兄なら,本スレのタイトルを一見すれば一瞬で納得だろう.しかり!本スレは,揚げ足取りやイチャモン,難癖つけしか出来ない「ボロボロ・ウラジミール蛙」こと軒下蛙クンを隔離収容するスレである.軒下 蛙クンは,このスレだけに書くよ~に! ←このルールを破った場合は,アク禁!【管理人】
918:鉄道遅延 :

2017/02/12 (Sun) 05:32:09

host:*.spmode.ne.jp
>>907
>>906

葬儀屋どん

できれば、コテハンで、仲良く 会話できると いのデスが

一年間ここを欠席してたが、2011.03からのほうちぎをみてきました?
かなり 的確にやってきた日本語ネットとして、とても貴重
その膨大なログを掘り起こせば、色々 わかるとおもうはず
結論 今日時点での認識は、ここのトップに 飯山一郎先生がかいてるよう
「日本民族の説明は(数百人ののぞき)すでに完了している」
では、なぜ、今の地獄絵を 書かないか?
いくらかいても、わからないシトは、絶対にわからない。
わからないシトは、愛する家族が死んでもわからない。
わからないシトは、本人が死んでも、わからない。
この状況で、ヒステリックに 騒ぎ立てる意味合いが、むしろ わからない。

>今の高校では、映画どころか実写版のホラー映画でありあり

ようよくオイラはおさえちょるが、大学専門学校だけでなく注視すべきは中学だ。
かなり力いれてリアルにみている
なぜ、北海道から沖縄の中学生がくだらんうことでコロコロ死んでるの?
特に、2016秋から今が酷いんだが、北海道から沖縄の中学生が、なんで、こんなに、体調悪いの? ま、表面的には、軽いもの多いが、それが余りに長く、また一個体に頻発する。

~snsを20ほどしてるなか、わりと力いれてるツイッターは、3アカウント運用してる。
3つかるのは、目的が、完全違うから。
そのメインは、中学生メインに、未成年主体。
リアルホラーよくよくしってるよ。
宣伝といわれたくないし、その気もないので、アカウント書かかないが、葬儀屋どんが突っ込んでくれば、個別メールなどなんらか対応しませう、
表面的にま、一切、放射能のことすら、触れてない。
わからないシトらに、相手されなくなる。
わさらないシトと 仲良くコミュとり、重要ごとは!メッセや直電で詳細きける今を作くれたのは。わからないどころか 、能天気すぎるオッサンでないとならない。
そんなんで、わからないシト6万人集め、多数のリストを作り、ツイートを外部アプリから細かくチェックして、調査を日々してる。
表面は、未成年と、セッション オフ、太陽撮影オフとかやって、あらま随分と頭がお花畑オッサンと いわれている。
そう、それが、望むところ だから。
そう いわれれば、拙い オイラのアプローチが、うまくいっちょる、と いうことだ。

ただ、まぁ、大事な彼女ら彼らをキープするため、今後も、表面は、お花畑オッサンであり続けるのだが、
オフや、メッセや直電では、ビタミンC!私的に一番のもの なのだ。かとは、乳酸菌や、太陽凝視の具体的掘り下げを、伝えているよ。
もはや、六年の月日では、手遅れ という論点強いかも しれないが、むしろ、そこは データない 未知の領域なので、カネもかからないし、もし効果あるならば、そらま地獄絵図からの救済になるし、意味がないことは、ないだろう。




  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.