★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 23395039

top

ここは、射能地獄を生き抜き生き残るための恵と術を伝え合う掲示板です。国家や政府やマスコミが「殺人機関」と化した今、放射能から生命(イノチ)を守るサバイバル技術の習得だけが、生き残り(survival)を保証する最後の砦(とりで)です。放射能地獄では議論は不要!互いに助けあう者たちが集い、互いに助けあう!いまや、日本人が生き残る道は、自助努力と相互扶助。この二つしかないのだから。(管理人:飯山一郎 TEL:090-3244-5829)
地獄の釜が満杯になる日】あの亡国の原発大爆発から6年の歳月が(徒に)流れた.この間,核燃料の超微粒子(ホットパーティクル)を吸引し続けたがために,1億総内部被曝!結果は,激甚なる多病・多死社会が到来し,都会の人影は見る影もない.徹底した報道規制で大量死は不可視.ために1億総危機感ゼロの脳天気.この精神の劣化で,フクシマ以前の日本民族は消滅.日本民族の絶滅は(数百万人を除いて)すでに完了している.

飯山一郎のHP(ミラー1) 飯山一郎のHP(ミラー2) なんちゃらかんちゃら 野崎博士の『文殊菩薩』 里子のブログ


飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -23-

1:飯山一郎:

2017/02/16 (Thu) 12:50:24

host:59.8.72.31
前スレでは『破武の横領罪』が問題になった.放知技のスターだった破武のニギヤカな書き込みは,すべて「客集め」と「カネ集め」の為だった.このことがバレ,飯山一郎が叩きまくり,社会的制裁を受けた結果…,破武(中村正臣)は発狂自爆状態になり,帰国もできない.破武は「飯山一郎」の名を一生忘れず,ウラミ骨髄の人生.それでE~のだ.水に落ちた犬を更に叩く!こ~ゆ~激烈な表現活動を鍛える道場.それが放知技なのだから….本スレも更に激烈なスレにするべ!>皆の衆
629:飯山一郎:

2017/03/03 (Fri) 12:13:42

host:218.150.171.17
 
☆森永製菓(2201)が,急騰!独歩高.☆彡

東京株式市場は,昨夜のNY株の急落を受け,ほぼ全面安だが…

安倍晋三関連銘柄の森永製菓は,独歩高の急騰!

森永製菓の午前の引け値は120円高の5280円(2.33%高)

森永乳業(2264)も急騰し,全面安の中,5.06%も高く引けた.


>安倍晋三のアベノミクスは,じつは,株式市場を通して100兆円ほどのカネ(株式利益)を,小ガネ持ち層以上の中間層・富裕層にバラまいた!

>このヘリコプター・ベン型効果によって,ニッポンの小ガネ持ち層以上の中間層の大半は,アベノミクス万歳! 安倍総理,これからも総理大臣でいてくれ! という噴霧器.(>>629

小ガネ持ち層以上の中間層・富裕層は,「アベノミクス効果」を,固く信じ,強力に支持!

「たんなるカネばらまき効果だよ!」という批判は,まぁそ~なんだが,そ~とばかりは言えない.

ネットでは非難5~5~の「森友疑惑」だが…,「あんなのは,ごまめの歯ぎしり」といった感じで,ニッポン中間層の固い支持を集め,日々盤石堅固になってゆく安倍晋三総理の権力基盤.

このことを↑↑ど~考えたらE~のか?

新井信介氏などは,天皇陛下が安倍晋三を怒られたような表情でニラみつける古い写真を持ち出して,何か言いたそ~だが…


ベトナム→タイと,(人生最後の)国際親善旅行を精力的にこなしておられる.

その陛下の「怒りの表情」を持ち出して,安倍晋三を批判・非難?する新井信介氏の手法は,『言葉が全ての知識人』のソレではない.「君側の奸」の手法だ.


天皇陛下を中心から敬愛し,天皇制を強固に永続的に支持しているのは,ニッポンの(小ガネ持ち層以上の)中間層・富裕層なのだ,という現実.

そして,安倍晋三関連株の急騰!

「森永ー安倍ー麻生ー天皇家」とツナがっている深い閨閥(けいばつ)関係.

さらに,新たな「安倍ートランプ」という緊密な日本・米国の二国間関係.

天皇家と米国も,70年も前からの因縁でツナがっている.

これらのことを↑↑我々は,いったい,ど~考えたらE~のか?


「好き嫌い,善悪,ベキ論」を排して考えると…

1.日本は,これからも,米国と共に生きていかざるを得ない!

2.しかし,その日米関係は,米国戦争屋が日本を支配していた頃の日米関係とは違う!

上の二つの与件が,日本が置かれた『まごうかたなき現実』なのだ.

問題は…,その『まごうかたなき現実』のなかで生きる…,生きていかざるをえない我々一人一人の考え方と生きザマだ.

そして,ブザマであろうが,カッコつけようが…,基本・土台・担保は,「健康」(免疫力)! これっきゃない.

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.