★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 27519961

top

フクイチの原発事故は,人類史上に類例をみない激甚な災厄だった.政府は何の対策も打てず,徒に6年が過ぎた.この間,日本人は文字どおり「命からがら!サバイバル」の日々を送ってきた.今も,6年間に吸い込んだホットパーティクル核燃料の微粒子による内部被曝で,深刻な多病多死社会に突入している.一方,本年は「あの執拗な濃霧が消えた!」「豪雨が止んだ!」 という大変化があり,これは「デブリが沈み温度が下がった」「埋め殺し状態か?」という推測が成り立つ.「希望が湧いた」と言える.(飯山一郎)
★日本は強靭で安寧な国になる! 世界は寸前暗闇.人生も一寸先は闇だが,何が起ころうとも,強靭な指導者=安倍晋三が国家の総力を挙げて対処する!国民の暮らしも大丈夫!国会を空転させるだけの野党はバッラバラの烏合の衆.枝野の処理は公安がヤル.容赦するな. 飯山 一郎
祝 加計学園 獣医学部認可へ! 岩盤規制に穴があきました!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ ぽんぽこ笑店


『てんや蛙』の『座敷牢』 - 3 -

1:飯山一郎 :

2017/05/13 (Sat) 11:07:32

host:*.ocn.ne.jp
放知技の名所となったw『座敷牢』スレを継続する.元々は「無法者・無礼者・難癖つけ専門=軒下蛙」を幽閉するスレであったが,今や,変人奇人,スネ者,自称他称:キ印の溜まり場.そんな連中の為にも本スレは残さざるを得ない.

なお,蛙は犯罪行為(>>276 >>277)を犯したので『放知技』への投稿を禁止する.投稿は削除する.【管理人】

追記:飯山一郎への誹謗中傷は許してきたが,4名の専従者が働く『ぽんぽこ笑店』への誹謗中傷と虚偽の風説を流布する軒下蛙の言動は,信用毀損罪・業務妨害罪に該当する.
180:mespesado :

2017/06/20 (Tue) 07:29:08

host:*.itscom.jp

 狼男くん。(何か勘違いしてるといけないから文体を変えるよ)

 >>165 を読んで、僕が山口を冤罪の被害者だと主張していると理解するとは、

随分穿った見方だよね。僕が主張したかったのは、「これを単なる国内の安倍

と反安倍のせめぎ合いだと見なす人が多いが、本質を見失うな。この事件の根

底にあるのは外患だよ」という話であって、山口某が有罪か無罪か、善人か悪

人かという話はどうでもよい、本質じゃないんだよ。そういう意味では朝鮮半

島人に注目したウヨクは、外患のことを気づいてもいないサヨクよりまだマシ

だ、ということだ。でもね、ウヨクがマシなのはそこまでだ。

 この事件、実は前半と後半で「敵」が入れ替わっているのに気づかなかった

かい?そう。>>165 の時系列でいえば、⑮ と ⑯ の間だ。この間に1年弱の

ブランクがあるだろう?これより前のは朝鮮半島人による攻撃だ。しかし、こ

れより後、現在までは、敵が入れ替わって、民主党系のサヨクが敵になってい

ることが、その後の「更に」ということで挙げた ◎ を見れば分かると思う。

 で、サヨクなんだけど、この事件が「復活」した⑯のタイミングは何があっ

た?そう。いわずと知れた、森友問題と加計問題だ。これらがヤツラの思った

ほど効果がなかったんで、第3弾として放ったのがこの山口事件なんだよ。

 そう。今の「敵」は森友問題や加計問題と同じ、朝日/船橋/ソロス系の米ネ

オコンなんだよ。基本的に親米のウヨクはこれに触れないんだよ。

 いずれにしても、キミのようなサヨク系の人は、外患を無視しすぎ。これは

山本太郎も同じ。高度成長期+東西冷戦時代は、とにかく国内の労使対立が政

治の中心で、外交は東西の対立が主だから敵対策はアメリカに任せておけばよ

かった。しかも憲法9条のおかげで、アメリカに軍事協力を押し付けられるの

も防げていた。まことに外患を一切考えなくていい古き良き時代だったよ。

 でもね、時代は変わり、高度成長は終わり、東西冷戦も無くなったんだ。い

ままでみたいに外患を考えなくていい時代は過ぎ去ったんだよ。だから、これ

からは「外患を防ぐ」、つまり海千山千の外国に、うまく騙されないように、

しかも失脚させられないようにうま~くこなしていく政治家じゃないと、我々

の生活が守れないんだよ。これ、安倍さん以外に適任者いるかい?

 世論調査で安倍政権支持の理由が「他に適任者がいないから」ってのを消極

的支持と解釈する人がいるけどさ、違うよ。「安倍さんみたいに外交上手な首

相の適任者が他にいないよ」という意味なんだ。それがわからないんだよね、

サヨク知識人には。


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.