★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 38652716

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


吠えるE爺と 燃える同志たちの闘議場 -27-

1:飯山一郎 :

2017/06/30 (Fri) 09:04:35

host:*.dion.ne.jp
前スレでは,「昨年までの執拗な濃霧と湿度100%の地域が消えた!」という気象現象からフクイチ1号機の低温化が明らかになった.これは(誰も言及しないが)大朗報である.一方,国内政治は「官僚・ネオコン対安倍政権」の激烈な政治闘争が続き,国際政治も米vs露が武力衝突寸前の緊張状態. 本スレでは,「政治」を個人的な正義感や善悪感情,好悪感,ベキ論で語るのではなく,「政治過程の帰趨」を洞察しつつ「政治の現況」を見透かす議論を期待したい.
218:mespesado :

2017/07/19 (Wed) 00:26:56

host:*.itscom.jp
>>211

> これは大きな問題です。前川喜平氏の言う「最初から加計学園ありきであった」と同じ意味です。
> 加計学園は小泉政権時代から何度となく許可申請を繰り返していたことは明らかですが、だからと
> 言って今回自動的に認可される理由とはなり得ません。
> 特区制とは、特別な地域の特別な主体に対して特別な恩恵を与えるものですから、その選定は透明
> でありかつ公平でなければなりません。後から条件を付け加えることによって加計学園に誘導する
> ようなことは断じて許されないのです。

 実は、この加計問題と言うのは、マスコミで報道されていないところで本質が解明されていて、

安倍さんに対しては全くの濡れ衣であることが解明されています。

 1975年に今治市が大学誘致を目指して「学園都市構想」を決定し、2006年ごろから今治市は畜産

学部の誘致を始め、福田内閣、麻生内閣のとき政府に獣医学部新設を提案しますがいずれも断られ、

2009年度、民主党政権(鳩山内閣)になってからようやく「実現に向け検討」となり、民主党政権

下で特区勉強会が開催されました。そして、安倍政権下、2016年4月に民進党の代議士(高井崇志氏)

から「地方創生に関する特別委員会」で国家戦略特区による今治市への加計学園獣医学部開設の要

望がなされ、今年1月に今治市が国家戦略特区制度の特区認定を受けたのです。そして3月に加計学

園が文科省に獣医学部の設置を申請し、4月に開校予定にこぎつけたのです。

 以上の経緯を知るならば、どこが「安倍総理のご意向」なのでしょうか?

 さて、例の「総理の意向」云々と書かれていたという文科省の「文書」ですが、この文書が作成

されたのは2016年9月後半であり、実はそれより前に永田町で開催された国家戦略特区WGの会合が

開催されており、その議事録が公開されています:


①2015年6月8日国家戦略特区ワーキンググループ議事録
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_s/150608_gijiyoushi_02.pdf


②2016年9月16日国家戦略特区ワーキンググループ議事録
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_gijiyoushi_2.pdf

 これらによれば、既に文科省と農水省の課長クラスが出席して、内閣府・特区有識者委員との間

で議論が交されていますが、委員側から、これらの獣医が量的に不足しているのになぜ新設しない

のかと聞かれ、文科省側が農水省であまり需要がないと聞くから、と答える。すると、委員側が、

今後は新興感染症だとか、バイオテロだとかという危険が非常に高まっており、需要は拡大するの

ではないか、それにそもそも文科省は能力があるかどうかだけを判定すればよく、需要の調整はユ

ーザ側である農水省が決めればよいことではないか、と正論で詰めてきて、文科省はタジタジにな

ってしまい、この課長クラスの議論で既に文科省側は獣医学部新設の必要性を解く政府委員側に全

く反論できていない、高橋洋一氏によれば、「野球で例えるならば、前者の10対0、5回コールド勝

ちである」というような状況になっているわけです。

 中央官庁のしきたりとして、日本の政策決定はボトムアップ式、すなわち課長クラスの調整で実

質的に政策が決定し、次官級ではその結果を追認するだけ、という慣行に従えば、文科省の例の

「文書」は、これら課長級の調整が済んで事実上国家としての意思決定が済んだ後で文科省内部で

「勝手に作った」文書であり、そこにいくら「総理のご意向」と書かれていても、そんなものとは

別に、既に課長級の調整によって意思決定がなされているのであり、しかも「強い要請」をしたの

は民進党の代議士であり、総理からの強い要請があったから政策決定されたということではないこ

ととは明白です。

 さて、この問題はこれでおしまい、ではありません。何と、スキャンダルは安倍総理の方ではな

く、民進党の方にブーメランとして降りかかってくるのです。

 そもそも加計学園問題の国会での追求は、民進党の玉木雄一郎 衆議院議員(香川県選出)から

始まりました。ところが何と玉木議員に日本獣医師会絡みでの献金口利き問題が発覚したのです。

すなわち玉木議員が代表者を務める政治団体「雄志会」の収支報告書によると、日本獣医師政治連

盟から100万円の寄付がなされています。日本獣医師政治連盟の代表者である山根義久氏は、当時

の日本獣医師会の会長でもあるので、実質的には日本獣医師会から玉木議員への献金といえます。

しかも「日本獣医師会のために、加計学園の獣医学部新設の阻止に動いている」という“動かぬ証

拠”として、2015年の日本獣医師会総会で、玉木氏は「もう長く話しませんけれども,先ほど,与

党の先生方からも話がありました。私は今一番心配しているのは,この特区の話でありまして,特

区の問題は四国の、実は問題でもありまして,私は香川県の出身でありますので,この特区問題に

ついては従来より心配をしておりましたが,斉藤先生もライオンの乳を飲むがごとくとおっしゃっ

たので,大丈夫かなと思いますが,このような教育の分野,あるいは医療の分野は、そもそも特区

として、地域の例外を作り、進めるべき話ではないと思います。もし,おかしな方向に向かいそう

になった際は,しっかりと止めることもわれわれの責任と思っておりますので,十分な監視もして

いきたいと思っております。」と挨拶しており、これで民進党の玉木議員は「日本獣医師会の関連

団体から100万円の政治献金を受け、その見返りとして、加計学園の獣医学部新設について国会で

追求した」ということが明らかになってしまった、というわけです。

 以上、情報源は

加計学園問題は、このまま安倍官邸の「圧勝」で終わる
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51989

加計学園 獣医学部開設 – 時系列まとめ
http://tactical-media.net/%E5%8A%A0%E8%A8%88%E5%AD%A6%E5%9C%92%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%AD%A6
%E9%83%A8%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/

加計学園〜民進党玉木議員「獣医師会 献金口利き」で大ブーメラン
http://tactical-media.net/%E5%8A%A0%E8%A8%88%E5%AD%A6%E5%9C%92-%E7%8E%89%E6%9C%A8%E8%AD%B0
%E5%93%A1%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E4%BC%9A%E7%8C%AE%E9%87%91%E5%8F%A3%E5%88%A9%E3%81%8D/

でした。


このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.