★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 31535501

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
bar1
Ponpoko8b蜜蜂
bar2
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new 本物商品だけ!ぽんぽこ笑店 『放知技』データベース


堺のおっさん等 過激な爺さんのスレ -33-

1:飯山一郎 :

2018/04/11 (Wed) 00:44:04

host:*.dion.ne.jp
籠池詐欺師の虚言を盾に魔女狩りを狙ったネオコン野党の卑望が粉砕され,財務省のPB論も後退し,安倍・麻生は日本国が異次元の『円(¥)奮発経済』に移行する構想を語り始めた(https://goo.gl/BsCtFU).世界最強通貨(¥)の世界変革能力と安倍の外交力が発揮される2018年の波乱万丈を予見する議論をキボンヌ.
281:mespesado :

2018/04/17 (Tue) 23:07:14

host:*.itscom.jp
>>244

 引き続き『アベノミクスによろしく』第5章の「アベノミクスの『成果』

を鵜呑みにしてはいけない」の残りの部分を検証しましょう。

 著者は続いて企業の倒産件数と自殺率の低下を取り上げます。

 まず「企業の倒産件数」ですが、著者は2002年から2015年までの

「全国企業倒産状況」の推移のグラフを示し、2002年から2005年に

かけて低下した後そこから2008年まで緩やかに上昇し、2009年から

2015年に至るまで、再びほぼ直線的に低下していることから、


> リーマンショックの時に件数が増えたけど、後はずっと減少傾向なんだ
> ね。アベノミクス前後で傾きに違いがあるようには見えないね。


と述べて、リーマンショックが例外的なだけで、それ以外はずっと下降傾向

だったんだから、この倒産件数減少もまたアベノミクスとは関係ないよ、と

いう印象を読者に与えようとしています。

 しかし、よく考えると、この説明はおかしいです。

 なぜなら、衆知のように、リーマンショックが発生したのは2008年の

ことです。ですから倒産件数の上昇の原因がリーマンショックなのだとした

ら、倒産件数は2008年「から」上昇していなければならないはずです。

ところが実際は2005年から反転上昇しているのです。ですから、それこ

そリーマンショックこそが倒産件数の増には「関係ありません」。そもそも

グラフから明らかなようにV字型の反転ではなくU字型の緩やかな反転上昇

なのですから、景気がじわじわと悪化してきたことが真の原因でしょう。

 一方それでは、一旦上昇したあと2009年から再び減少するようになっ

たのはなぜなのでしょうか?

 覚えている人も多いと思いますが、実は民主党政権のとき、2009年に

時の亀井金融担当大臣が主導して「中小企業金融円滑化法」が導入されまし

た。リーマンショックの直後にもかかわらず倒産件数が減少し始めたのは、

明らかにこの法律が奏功したからと考えるのが自然です。そして大切なこと、

それはこの法律は時限立法で、2013年に効力を失っているということで

す。ですから、この法律が無効になったあとの2014年以降でも引き続き

倒産件数が減少し続けているというのは、やはりアベノミクスにより景気が

改善されたからと考えるほかありません。

 さて、次は「自殺率」の低下です。

 著者は1978年から2015年までの男女別と男女計の自殺率の推移の

グラフを掲げ、1997年までほぼ一定だったのが1998年に急騰したあ

と2009年までほぼ一定に高止まりしたのち、2010年からほぼ直線的

に急減少している様子を指して、


> 2009年からずっと低下が続いているんだね。アベノミクス前後で減少
> ペースに変化は見られないから、アベノミクスの影響で自殺が減ったとは
> 言えないね。前からの傾向がそのまま続いてるだけだから。


と述べています。しかしこれも実はナンセンスです。次のサイト:


日本の自殺者数はなぜ「激減」したのか?
http://diamond.jp/articles/-/116548


の中ほどに掲載されているグラフを見てください。「失業率」と「自殺者数」

を重ね合わせたグラフですが、両者は非常によく重なっています。つまり、

自殺者数は失業率に連動するという現象があり、これは昔から良く知られて

いる経験則です。

 ということは、安倍政権下で自殺者数が下がっているのは、失業率の低下

と連動している、ということです。そして失業率の低下が明石氏の主張とは

裏腹にアベノミクスのおかげであることは、前回( >>244 )説明した通り

なのですから、それと連動する自殺者数の減少もまた、アベノミクスのおか

げ、ということになるわけです。

 本章における以上の部分までが、最近の好景気の原因がアベノミクスのお

かげではない、という著者の主張が述べられた部分ですが、みごとなほどに、

すべてが著者の誤解に基づくものであり、正しい主張は一つもなかった、と

いうことが明らかになりました。

 本章の残りの部分は株式や賃金上昇の話題に当てられていますが、長くな

るので、ここで一旦切ります。
                               (続く)

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.