★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 64843009

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


EG・堺のおっさん等 爺さんが元気なスレ -31-

1:飯山一郎 :

2017/12/30 (Sat) 20:28:54

host:*.dion.ne.jp
2017年2月11日(建国記念日).安倍晋三はフロリダで,トランプ大統領と固い盟友関係を結んだ.結果,日本国は従来の支配者=米国ネオコンからの独立を果たした.これを嫌ったネオコンは,朝日新聞や民進党を使って「モリカケ疑惑」をデッチあげ,倒閣を狙った.しかし安倍晋三は耐えに耐え(普通なら失脚),狙いすまして衆院を解散し,総選挙に圧勝!ネオコン勢力を蹴散らした.続く2018年はイカなる年になるのか? タコどもを排除した放知技で,ごゆるりと御議論願いたい.
なお,本スレのスレ主は,堺のおっさん.EGはメンテ部長です
324:堺のおっさん :

2018/02/03 (Sat) 11:52:49

host:*.ocn.ne.jp
>>312 mespesadoさん

いつもメッさんなどと気軽に呼んでまして…、失礼しております。

スレ主がもともと下品なおっさんなのでお許しを。



さて、分析の視点が直感であったとは。はたと膝を打った次第です。

貨幣価値とはうつろうもので、日本の国富が1京円を超えることも

あくまでも今為替のの日本円という物差しに充ててのことであって、

暫定値にすぎません。日本円が極端な円安になるとあっという間に半分に。



話は変わり、江戸時代に何度も繰り返された徳政令。

これは武士階級の救済措置であって、そのことで

商人は「またか~」という感じだったでしょうが

鎖国制度下の日本がそれでつぶれたわけでもありません。

あくまでも武士と商人の貸し借りがチャラになっただけで

藩や幕府の総資産が減った訳でもありません。

借りた金で何がしかの資産になったものが、借りずに資産になっただけです。

戦後の預金封鎖にしても、それで国民は債権を没収されたわけですが

日本の国富総体がなくなったわけではありません。


主な財政破綻論者の根拠は国民から間接的に借り上げている国債の総額が

国民の持っている金融資産総額を超えるともはや国債を買うことができなくなる。

このままのペースで国債発行残高が増え続けると日本は破綻する。

その時に、預金封鎖やデフォルトが起こる…、さあ、どうする!

増税しかないだろ!

こんな筋立てでしょうか。


しかし、現在は日銀が国債をほとんど買い上げているので

この理屈は論拠を失いつつあります。

そこで、財政規律を持ち出し、国債の政府買い上げは一種の禁じ手だ! と。

それをどんどん進めると国際的に信用を失い極端な円安になってしまう!

そのような言い方で攻めたてます。

実際は、黒田総裁になってからは民主党政権下の異常な円高から

かなり適正な為替水準(物価水準)に収まっていることからも

こうした脅しはあてはまりません。むしろ円高に振れるくらいです。

なぜなら、アベノミクス開始以来の日銀買い上げ量は

日本の国富に見合う貨幣量にはほとんど見合わないくらいの

発行総量にすぎないからです。まだまだ余裕シャクシャクです。

むしろ、適正なインフレ誘導がこれくらいでは追い付かないという証左でしょう。

貸し借りでない貨幣の発行は、貨幣で表現されていない

国富に見合う量まで発行しても理論上何ら差支えがない。

むしろ、預金封鎖やデフォルトを起こさせないためにも

必要だということになります。


メッさんが挙げている例では…、黒字倒産の例は一番わかりやすい例で、

要は支払う力があるのに支払う手段(現金)がないために起こる。

これを避けるためにはどこかから「お金」を引っ張ってくれば良いだけですが

社会的に弱者の中小企業などは足元みられて過小評価されてしまう。

銀行も雨が降りそうなのに傘を貸さない。


まことに、経済の手段に過ぎないお金で

経営が左右されるくらい不幸なことはありません。

結果、黒字倒産した企業は二束三文で資産を巻き上げられる。

日本も、民主党政権下ではその一歩手前まで追い詰められていたということです。

バブル崩壊以降の緊縮財政路線は亡国の経済政策であり、日本を黒字倒産させ、

二束三文で巻き上げようとの目的もあったのでしょう。

今思えば恐ろしいことです。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.