★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 60194956

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を見透かす知恵者たちの発信スレー40―

1:堺のおっさん:

2020/04/19 (Sun) 21:38:13

host:*.enabler.ne.jp
奇遇と言うか、故飯山氏を送る集いは2018年11月25日、

大阪のコロナホテルで執り行われた。まさに啓示である。

コロナウイルスの一種である武漢ウイルスが世界を巡り、

グローバル世界はこの感染爆発に対応出来ない限界を示した。

武漢ウイルスは世界を変えるキーとなるか。

知恵者たちの卓見を発信するスレになることを期待する。(管理人)
62:亀さん:

2020/04/23 (Thu) 16:07:52

host:*.t-com.ne.jp
>>58>>59

かんたさん、お久しぶりです。現在、かんたさんが住んでいるベルリンと言えばベルリンフィル、かんたさんはプロの演奏家なので、多分、ベルリンフィルでご活躍されているのでしょうね。小生の場合、歌を歌わせれば音痴を通り越して、〝落語〟の域に達している有様… このあたりは、「正次郎のNewsToday」に載った「亀さん」という記事に昨夕、御礼を兼ねて投稿を行っています(爆)。
http://kotodamayogen.blog.fc2.com/blog-entry-12364.html#comment-top


> 亀さん、いつもこちらへの投稿やブログの記事を楽しみに拝見しています。

それはどうも有難うございます。禿みに…、でわなくて励みになります (*^^*)


ところで、かんたさんの以下の言葉…

> ドイツ人の糞真面目さが功を奏しているようです。(笑)

思わず背筋を伸ばしましたwwww

と言うのも、以前、ココでも書いた以下の拙投稿…
__________
日本人とドイツ人(ゲルマン人)は、出自が同じツランです。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16851868/133/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同じことを栗本慎一郎も言ってます。
__________
ゲルマン人は10万年ほど前、コーカサス地方において突然変異により集団的に白子化した遊牧民であるから、当然、他民族より色は白く日照に対して弱かったはずである。白人たちが自らをコーカサス人種と呼ぶのは人類学が発達する前からのことだ。ということは民族の「記憶」があったからであろう。
『栗本慎一郎の全世界史』p.99~100
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
つまり、我々日本人とドイツ人は〝同胞〟(ツラン)つうわけです!!

だから、ドイツ人と日本人は「真面目」つう、共通の民族的気質を分かち合っているわけでして、だからこそ、職人気質がモノをいう工業製品に強いつうことになります。謂わば、〝実の経済〟のチャンピオン… 今回の武漢ウイルスへの対応も、ドイツ人と日本人の真面目な国民性がプラスに出ていますね。

しかし、同じゲルマン民族からアングロサクソンという民族が派生、今や世界権力(黒い貴族)の頂点に君臨しています。そのあたりは、天童竺丸さんの『悪の遺産ヴェネツィア』に詳しく、世界権力の正体を暴いた最終章を、拙ブログに青文字にして全文引用しています。
プーチンvs.黒い貴族
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-973.html

このアングロサクソンを主流とする、世界権力の番頭を務めているのがユダヤ系でして、その代表格がロスチャイルド。現在の武漢ウイルス騒動のキーパーソン(主犯)の一人である、ビル・ゲイツも血筋がユダヤ系というだけでなく、やはり世界権力の番頭の一角を占めています。こうした一派を「寄生虫」と、我が道友の安西正鷹は呼んでいます。寄生虫…、つまり実の経済ならぬ〝虚の経済〟に属する連中のことです。
収奪と搾取の根本原理は「寄生性」
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1117.html

そうした寄生虫の一角を占めているのが、一帯一路を主唱している習近平ということになります。その習近平をトップとする中共に対して、今回の武漢ウイルスで怒ったのがトランプであり、そのトランプのアメリカ、より正確に書けば「アメリカ・ファースト」派のアメリカは、今や損害賠償という形で中共に対して訴訟を起こしつつあります。こうして失態続きの習近平なので、最近は胡錦涛派である李克強の発言力が強まってきましたが、これは非常に良い傾向です。ちなみに、胡錦涛の胡という姓は遠祖がツランであることを示ています。

まぁ、ともあれ、我々庶民は横からのんびりと、今後の成り行きを見守っていきませう。ただ、武漢ウイルスという絶好の機会を生かし、「大維新」は必ず成就させねばなりません - ( ̄^ ̄)キパッ



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.