★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65104653

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


新時代を見透かす知恵者たちの発信スレー40―

1:堺のおっさん:

2020/04/19 (Sun) 21:38:13

host:*.enabler.ne.jp
奇遇と言うか、故飯山氏を送る集いは2018年11月25日、

大阪のコロナホテルで執り行われた。まさに啓示である。

コロナウイルスの一種である武漢ウイルスが世界を巡り、

グローバル世界はこの感染爆発に対応出来ない限界を示した。

武漢ウイルスは世界を変えるキーとなるか。

知恵者たちの卓見を発信するスレになることを期待する。(管理人)
904:堺のおっさん:

2020/09/22 (Tue) 20:14:03

host:*.enabler.ne.jp

>>902 メッさん

私は、仁徳天皇の逸話を少し違う視点で現在にも通じるものと。

国家と言うものを人間は近代までは認識することは無かった。

日本でも江戸時代まで、ほとんどの日本人は

自分が日本人であるとは考えていない。

一方で、日々の生活を菅総理流に言えば…

自助と共助で成り立たせていることに何の疑問もさしはさまなかったことと思う。

村八分なんて概念もあったくらいで、生まれてから死ぬまで

公的なことは共助の範疇で生活していたことは間違いない。

公助を期待するには多大な犠牲を払い、一揆をおこすくらいしか手段はない。

ところが、近代国家が成立して以降は少ないながらも、

生活の中に国家による公助の分野ができてきた。

その代わりに縮小されたのが共助の範疇でもあった。

つまり、共助と言う分野に国家による公助が少しずつ肩代わりしてきた。

私はそのように考えます。

したがって、仁徳天皇の逸話は一揆など起こさなくとも

公助を例外的に発動した事例として、

今日の近代国家の時代にあっても通用する逸話であると考える。

現在の日本は公助を大胆に発動しても国家の屋台骨が揺らぐことがない。

私は必要な公助を発動するかどうかは今でも為政者の胸先三寸であると。

但し、きわめて輪郭がぼやけた状態ではあるが…

日本の国家が國體と政体(為政者および外圧)の二重構造であることから

仁徳天皇の逸話はあり得ても良いものでもあると考えます。

むしろ、忘れ去られそうな日本の国家構造を生かす局面に

差し掛かりつつあるのではとも。

今はこの辺まで。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.